ジャック・ザ・同人誌

私も設立時から関わっている多摩市発の市民アクション「ジャック・ザ・多摩セン」から、このたび小冊子が発行されました。

27750132_2012007702397437_6018552956383013973_n.jpg

特定のメンバーで構成されている訳ではなく、グループというより“場所”と呼んだ方がぴったりくるような、リベラルでユニークな集団の活動内容を紹介する本です。伊地智は12ページのコミック部分を作画担当いたしました。

27751997_2012007785730762_3161119131444579365_n.jpg

9割がたはいつものポンチ絵ですが、ところどころに多少気合いの入った絵が混じっています。いや、下描きが必要な絵を描いたのは本当に久しぶりで、最初のうち全然手が動かず難儀しました。タンバリンを描いているからそれほど鈍っていないだろうと、タカをくくっていたのが見事に痛い目を見ましたね( ̄▽ ̄;)

27973869_2012007825730758_4039816829528835044_n.jpg

27658102_2012007799064094_2506586678128513505_n.jpg

本当は昨年夏に発行されるはずだったのに、ここまで延びたのは都議選や衆院選の影響が大きいですが、要は私が原稿を落としたのです。軽い気持ちで引き受けたことを何度後悔したか判らず、発行側にはずいぶん迷惑をかけてしまいました。お詫びかたがた、そっと宣伝させていただきます。

本文20ページで頒布価格500円。薄い冊子で恐縮ですが、興味がおありの方はどうぞ声をおかけください。

27657692_2012007859064088_2261764673347389746_n.jpg
スポンサーサイト

タンバリン通信(月刊社民版)第13回

昨年最後の『月刊社民』版タンバリン。シリーズで「わが国のセーフティネットはどうなってる?」をリポートします。1回目は、広域化が迫る国民健康保険です。
T通信社民版_130001
T通信社民版_130002
T通信社民版_130003
T通信社民版_130004

この《国保広域化》問題は12月議会での質問テーマでしたので、先に上げたタンバリン通常版と一部内容が重複しています。

今は非正規雇用者向けにも社会保険適用が拡大されてきていますが、国保の本質的な問題はより深刻化しています。保険料が払えず苦しむ層が増えれば結局は社会全体に課題がのしかかってきますから、「俺はサラリーマンだから関係ない」と思わず、ぜひセーフティネット整備に関心を持っていただきたいです。

タンバリン通信(月刊社民版)第12回

なんと「タンバリン月刊社民版」のアップをしばらく失念しておりましたm(_ _)m
というわけで、以下は昨年秋に公開した回のマンガです。この後のも近日中にアップしますね。

T通信社民版_120001
T通信社民版_120002
T通信社民版_120003
T通信社民版_120004

新たな安心・安全神話が蔓延しつつある現実と、廃炉決定や再稼動延期などで原発ムラ側が地団駄を踏む現実のせめぎ合いが続いています。
でも基本はこのグラウンド・ゼロ、福島原発事故であらわになった核の真実ではないでしょうか。核と人間社会の共存は不可能です。最後のコマで「緊急時の原発管理」的なことを書いていますが、私は人間にそれが可能だとはひとかけらも思っていません。
つまり、核を持ちながらの未来図はあり得ないのです。

ICAN報告会in多摩市

昨日は、多摩市と恵泉女学園大の共催「オスロ・被爆者キャンペーン報告会」に出席しました。

ノーベル平和賞を受賞したICANの委員でピースボートの共同代表でもある川崎哲さんは、恵泉で教鞭を取っておられたことがあり、そのご縁で恵泉の先生がたが受賞式参加費用(渡航費)カンパを募ったそうです。なぜなら、受賞者の渡航費用はあくまで受賞者1名分しか公式には出ないので。
ICAMは500ものNGOの集合体ですから、たった一人しか派遣しないのはやはり問題だということで、恵泉の先生たちがすごく頑張って下さったのですね。結果、川崎さんだけでなく広島・長崎の被爆者にも受賞式に出席していただけました。本当によかったと思います。
「受賞したのは全ての被爆者」という川崎さんの言葉には、1ミリの嘘偽りもなかったのだし、カンパで参加費用が集まったというのもすごいことです。核廃絶のムーブメントはこうして市民の中から生まれ出ずるのだと、改めて勇気をもらいました。

“被曝ピアノ”を弾くミュージシャンの写真を紹介する川崎哲さん
26992388_2002856053312602_1633482341905444946_n.jpg

川崎さんに続くご報告は、広島被爆者の田中さんと藤森さん。日本被団協の中心メンバーでいらっしゃいます。お二人とも穏やかな口調ながら、その語りには当事者にしかわからない凄絶さと苦悩が滲んでいます。日米両政府の無慈悲な政策のもと、被爆者の方々がどれだけ虐げられ苦しんできたか、私たちは絶対に忘れてはならないでしょう。

ユーモラスな語り口の田中さん
27073279_2002856049979269_8171475135989302802_n.jpg

真面目かつ静かに語る藤森さん
26904162_2002856066645934_7430984661833030612_n.jpg

ちょっと情けない近況報告

2018年が始まりました、という科白が間抜けになってしまうくらい、ブログの更新を滞らせておりました。これが本年初ブログです、面目ない。

昨年末に体調を崩し、正月は半分かた臥せっていました。受診しても「風邪」以外の診断は出なかったのですが、なかなかシャキッと回復せずいまだ本調子ではないようです。とは言いましても、公務や新年行事に穴をあけるほどのことはありませんし、今日は整体にも行ってだいぶ元気が出てきました。

国政も市政も課題が山積みです。早く100%の体調に戻してガンガン外を飛び回りませんと。
今年もよろしくお願いします。
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: