市民自治、という選択肢

こんばんは。先週は体調不良でちょっと行動が滞っておりました。
何事もまず健康あってこそ、元気じゃなきゃ何も始まりません。心も体も強くないといけないんだな、と齢ン歳にして改めて痛感しました。
勉強しなきゃいけないことが多すぎて、毎日あっぷあっぷしております。


10/14(火)は「福島みずほと市民の政治スクール」に出席。
この日のテーマは「韓国はなぜ市民市長を誕生させたのか」でした。パネラーは以下の4氏です。

元衆議院議員の服部良一さん
元日弁連会長の宇都宮健児さん
官製ワーキングプア研究会理事長の白石孝さん
東アジア青年交流プロジェクト事務局長の佐藤大さん

まず、テーマを見て「え、そうなの?」と思った方も多いんじゃないでしょうか。
日本マスコミはほとんど報道しませんが、韓国では一足先に米韓版TPPとも言うべきFTAを批准しています。これは本当にひどい不平等条約で、韓国経済は米国とグローバル資本によってめちゃくちゃに食い荒らされてしまいました。結果として不況と失業の蔓延が深刻化し、自殺者の数もとんでもなく増えた。けれども一方で、ソウル市は3年前に市民派・人権派のホープ、パク・ウォンスン氏を市長として選んでいたんですね。
しかも野党統一候補として。

そして3年、ソウル市では雇用や公共政策を充実させて、非正規雇用の労働者を正規雇用に変える取り組みを着々と進め、市庁舎も一部市民に開放しました。市民団体「参与連帯」の創始者であるパク市長は、市民主体の街づくりを単なる謳い文句で終わらせず、どんどん現実の市政のかたちに結実させていっているのです。自殺者数も確実に減少しているそうです。

貧困層の固定化・増加、格差社会といった問題を抱える私たちにとって、ものすごく参考になるんじゃないかと思って参加させていただきました。

感想。
「市民のことは市民が決めるんだ」「外国資本の食いものにされてたまるか」という市民の意志とバワーがあれば、たとえFTAのような不平等条約が結ばれても活路は見いだせる。
当然ソウル市とて理想郷ではなく、種々の問題が依然として山積しています。でも、彼らの社会には可能性がある。と言うより、市民の力で可能性を創り出すことができるんだ、と強く感じました。


私たちの多摩市でも、市庁舎に市民なら誰でも活用でするスペースがあって、「自分たちのことを自分で」決められるようになったらステキだと思いませんか?
「それは行政の仕事だろう」「こっちは自分の仕事だけで手一杯だ、そんな暇あるか」というご意見もあるでしょう。もちろん、市民全員が市民活動に関わることなんか現実的に無理で、だからこそ役人や議員が必要なんだと私は考えます。

行政・立法のプロはいわばサポート役。
街づくりの主役はあくまで市民だと思うのです。
スポンサーサイト

世の中にはいろんな人がいる、というあたりまえのこと

10/11(土)、世田谷区議会議員・上川あやさんの講演会に行ってきました。

これは「多摩市女と男の平等参画を推進する条例」に学ぶ、というコンセプトのもとに企画されたイベントです。ところで、この条例を知ってる人って市内にどのくらいいるんだろう?(恥ずかしながら告白しますと、私はつい最近まで全く知りませんでした)。
考えてみると、私はこの多摩市の中ではほとんど働いたことがありません。私にとっての「社会」とはそういう意味では常に市外にあり、一番忙しい頃は「ただ寝に帰る場所」でしかなかったように思います。けれども、私が働いて得たお金の一部は(それがどんなに微々たるものであっても)この町の今と未来のために使われるのだし、何より私と私の家族の衣食住という「生きる基本」はここに根付いているのです。ン十年もここで暮らしててコレはいかんな、と内心忸怩。


話が逸れました。
講演会のタイトルは「多様な性を生きる」。講師の上川議員は、日本で初めてご自身の性同一障害を公表して選挙に臨み、現在3期目というキャリアを積んだ言わば現役の闘士です。最近は性的マイノリティ、LGBTなどといった言葉も少しずつ定着してきましたが、様々な偏見や法的・制度的不平等がどのくらい改善されたのかというと、門外漢の私ですら甚だお寒いものだという感覚を持っています。この問題の“最前線”に立ち続けてきた人のお話とは一体どのようなものなのか、言葉は悪いですがこちらは少なからず「興味津々」でした。

そして終了後のアンケート、私は「満足度」の欄に迷わず「200%」と書き込みました。上川さんのお話は何というか、非常に明晰で幅広いデータに裏打ちされていて、しかも聞きやすく判りやすいという申し分のない内容でしたが……その背景にあったご本人の体験談が、「申し分のない」などという形容を遥かに超えたものだったからです。



休憩を挟んで、講演内容はおおまかに3つに分かれていました。

1.性的マイノリティーはこれまで社会の中でいかなる位置づけをされてきたかという、歴史と医学的見地の変遷に基づいた解説。
2.現代の国際社会での様々な取り組みと変化、各国の社会体制や認識の違いなど。
3.講演者自身のライフヒストリーと、それにまつわる様々な思い。


この中で、特に私の印象に残った部分を順不同で書き出してみます(私の脳内で脚色・変形されたもの、と慌てて付け足しておきます)。

・性的マイノリティーに対する認識や意味づけ(法的根拠も含め)は時代と地域で著しく異なる。現代では同性愛者と公言している政治家も存在する一方、同性愛者を死刑に処す国家もある。言ってしまえば、全ての偏見や迫害の根拠はいい加減。

・LGBTがよしんば倒錯であれ異常であれ、本人は自分の意志でその性的指向を変えることなどできない。同性愛者を異性愛者に変えるのは、異性愛者を同性愛者に変えるのと同じくらい難しい(こういう指摘は故・澁澤龍彦氏の著作にもあった)。

・欧米でも日本でも、匿名アンケートなどで調べると「同性に惹かれた」経験を持つものが3~4割程度は存在する。こういった人たちの疎外感や悩みは非常に深刻で、自殺を考える人も少なくない。

・たとえば同性愛者・両性愛者と性同一性障害者では悩みの種類も解決策も異なる。「LGBT」という言い方で何もかも一くくりにしていいものか(←このあたり、相当伊地智の主観が入っております)。

・上川さんの幼少期から選挙に出ようと決意するまで。

……かなり色々とりこぼしているかと思いますが、とにかく最後に書いた部分が凄かった。ご本人は終始淡々と理性的に話しながらも、時々目頭を押さえていらっしゃいましたが、聴衆席からもずいぶん鼻をすする音が聞こえましたね。かく言う私も何度か眼鏡を外さざるを得ず……

女というだけでいまだ偏見や差別の根強い世の中、自意識にそぐわない体を変えて本来の《性》を生きようとする上原さんへの攻撃は、きっと私たちが推測するより何倍も何十倍も厳しいものでしょう。それでも「誰かが動かなければ変わらない」と一歩を踏み出した上原さんの勇気は、本当に尊く光り輝いて見えました。

そして、議会中でお忙しいにもかかわらず、上川さんはスピーチ後も別室で私たちと歓談してくださいました。貴重なお時間をどうもありがとうございました。


私たちの社会には残念ながら、もうどう考えてもくだらないとしか思えない差別があちこちに存在しています。中には、差別されている者同士による足の引っ張り合いや偏見もあります。

しかし上川さんは「声を上げなければ“そこにないもの”にされてしまう」と言います。「黙ったままでは状況は変わらない」とも。

ただのスローガンではない、決まり文句ではない、血が通った迫真の言葉の数々に私は文字通り心を揺さぶられました。理想は果てしなく遠いかもしれませんが、そこを目指すことを忘れたら人は人として生きられない。その困難と価値を、上川さんはまるごと自分自身というかたちで私たちに見せつけてくださったのです。

20141011_上川さん

防災訓練に行ってきました

10/4(土)、地域の防災訓練に初参加してきました。

どうして“初参加”なのかというと、私の住んでいる地域ではコレが行われていないからなのです。小規模なものはひょっとしたら実施されてるのかもしれませんが(うちも自治会から消火器が配られたりはしている)、東京消防庁の人を呼んでレンジャー隊員の模擬活動まで見せてくれる、本格的な防災訓練は私の住んでいる区域では行われていません。

とは言っても開催場所はどこかというと、私の弟が卒業した小学校(今は統廃合が進んだため名称等変わっていますが)だったりする。つまり、普通に歩いて行ける距離なわけです。対象区域内に住んでいる佐久間むつみ議員にくっついて、私もちゃっかり参加させていただきました。

めっちゃ怪しいこの勇姿(笑)
20141004-1a.jpg

現場に民主党の大野議員がいらしたので、訓練が始まる前に少しお話を伺いました。
こういった催しは本来ならば当然、市内のどの区域でも行われてしかるべきもの。しかし現状がそうなっていないのは、防災訓練をやるやらないというところから、市民の意志に任されているからということでした。つまりそもそも、行政主導で行われていることではないのです。そうなると、そういう意識の高い区域とそうでない区域で、このように全く対応が異なってくるのですね。
大野議員は、行政の考え方を変えて「どこでも同じ防災訓練ができるように」ずっと意見してきているのだけれど、なかなか話が進まないそうです。もちろんことは訓練のみに限らず、防災用品や非常用食料の備蓄、避難路と避難場所の周知徹底など、いろいろな問題が付随してきます。だからこそ、いつ何が起きるかわからないこの世の中、地域住民を万一の事態から守るための取り組みはスピーディになされなければならないのでは? と私も強く思いました。

この日は小学校の倉庫に保管されている防災用具と非常食も展示されていましたが、参加者の方の「こんなのとても頼りにならないわね! やっぱり自分で日ごろ備えておかないと」という発言が印象的でした。そう、確かに飲食物など、親子4人の家庭では1日分くらい? という程度の量だったように記憶しています。写真も撮らずにうろ覚えな話ですが(スミマセン)。



さてこの日は、恒例の「消火器で消火活動してみよう!」とか「火事のときや飲料水が必要なときに消火栓をどう使うか」とか、6つくらい防災メニューが用意されていました。ちなみに上の写真で左手に写っている黄色の囲みは四角いテント状になっていて、煙の中を脱出するという実地体験をさせてくれます。しかし個人的に一番の目玉はなんと! 特別に希望者はハシゴ車に乗せてくれるというオプション企画でございました。
……出遅れたので希望者多数ウェイティング状態、途中で涙を呑んで諦めましたけどね。嗚呼、写真くらい撮ればよかった……(そういう習慣がなかなか身につかない)

で、わたくし、元の班に戻って今度はAEDに触らせて貰いました。
一人の方が心臓マッサージをしながら「救急車呼んで! AED持ってきて!」と言う役。私はAEDを運んでって中身をセットする役です。

危なっかしい手つきでモタモタとやっております。
20141004-4a.jpg

でもこれ、一度でもやってみるのとみないのとでは大違いなんだそうです。現実に非常時に出くわしたらシロートはおろおろするに決まってますから、単純作業でも何をとちるかわからない。説明書を読むのにも舞い上がってるかもしれない。なるほど、こういう訓練は本当にバカにできないなと改めて感じました。

その他にレスキューロボットの実演もあって、なかなか盛り沢山な内容でしたが……実は、最後にもう一つの目玉が。
レスキュー隊が校舎の屋上から避難者を助け下ろすロールプレイングです。
すごいですよ。二人一組でロープ伝って壁をよじ登っていくんですけど、あんまり軽々とした実演なので簡単にできそうだと錯覚するくらい。広島の水害やら御嶽山の噴火やら、自然災害がめっきり増えた観のあるこの国の昨今を考えると、本当に貴重な鍛錬を日々積んでくれている人たちを目の当たりにしてただただ驚嘆。ただただ感謝。


予定があったので途中で失礼するはずが、私とうとう最後まで参加して炊き出しの味ご飯と非常用ビスケットもいただいてしまいました(笑)面白かったと言ってしまっては不謹慎ですが、いや、いろんな意味で興味深い体験だったと思います。
次は絶対ハシゴ車に乗せて貰うんだ!(高所恐怖症のくせに)

タンバリン通信 9/25号

文字の読みづらい部分は、クリック2回で少しだけ見やすくなるようです。ただいま試行錯誤中で申し訳ありません。

T通信14092501
T通信14092502
T通信14092503
T通信14092504

タンバリン通信 9/18号

ただいま駅頭で配布しているチラシです。コミックエッセイ、と称するのは不遜でしょうか(笑)
文字の読みづらい部分は、クリック2回で少しだけ見やすくなるようです。ただいま試行錯誤中で申し訳ありません。

T通信14091801
T通信14091802
T通信14091803
T通信14091804

「戦争いらない」わたしたち

今日はあいにくの雨(というか既に嵐)でしたが、過ぐる9月28日は幸い好天に恵まれまして、地元多摩にて「戦争いらない多摩市民連合」初の集会が恙なく行われました。

この団体はその名の通り、戦争に反対する市民や超党派の議員たちが集まって作ったゆるやかな集合体です。思想信条も違えばライフスタイルも異なる、ただ「戦争はまっぴら」と思うその一点のみで団結し結集した人びとなのです。私もスタッフの一人として参加し、ほとんど何もできませんでしたが、とにかく市民のまっとうな「NO!」の声を集めようと計画の端っこに加えていただきました。

これは有志Oさんがデザインしてくれた旗です。
20140928_01.jpg


当日は2部構成で、まず第1部は駅にほど近い多摩中央公園で2人のゲストをお迎えしました。1人はジョニーHさん、元教師でとてもユーモラスな替え歌パフォーマンスを得意とする方です。私は時々、経産省前の抗議アクションなんかでもお姿を拝見してるのですが、先方はこちらのことなんか全然ご存知ないはず。もう少しお話と歌を聴きたかったなー。

20140928_02a.jpg
『戦争を知らない子どもたち』や『スタンド・バイ・ミー』など、誰もが知っているメロディーを機知に富んだ歌詞で生まれ変わらせる手際は本当にお見事でした。この日はことのほかお忙しく、アンコール一曲のみにて次の舞台へ? 飛んで行かれました。


そしてもう1人のゲストは元自衛官、それも精鋭部隊と言っていいレンジャー隊員として勤務しておられた井筒高雄さん。この方も最近は様々な場所でアクションを起こされているので、お話を耳にしたことのある方もいらっしゃったんじゃないでしょうか。

20140928_03a.jpg

この方の当日スピーチはYouTubeで視聴できます。



井筒さんも話の中で触れてらっしゃいましたが、この日は珍しく(と書かねばならない現実が悲しい)若者の参加もあって、かなり有意義な集まりになったんじゃないかと思います。お二人の後は多摩市民のスピーチ、そして一時間の休憩を挟んで第2部へ。


第2部は中央公園からさほど遠くない、通称《三角広場》と呼ばれている場所で市民のリレートークを行いました。議員や元教師の方など、いろいろな立場の方が自らの視点で今の政権のおかしさ、戦争の不条理について訴えました。不肖わたくしもちょこっとマイク握らせていただきました。



第2部の、そして集会の締めは政府に突きつける市民のレッドカード。

20140928_05a.jpg

参加者は第1部350人、第2部が150人とのことでした。
「市民連合」共同代表のNさん曰く、「これが始まり」。まさにその通りで、ここから私たちの本当の戦いが始まるのです。それは安倍政権のいう《戦争》とは全く異質の、武器を持たない真にリベラルな戦いになるはず。否、ならなければいけません。

次の世代に、取り返しのつかない傷と惨禍のみの未来を残さないために。

10月の台風

白状しますと、わたくし確かについこないだ「今年は台風が少ないね」と呟きました。
それは決して「台風が来なくて寂しい」とか、ましてや「ぜひもっと台風に来て欲しい!」という意味ではなかった。なかったのですが……

実は、今日は我が多摩市で社民党・福島みずほ副党首の街頭演説が行われる予定でした。このたび社民党では調布・八王子・多摩の三市に一名ずつ女性の新人が立つことになり、そのうち八王子と多摩に福島氏が激励にまかり越そう、という手筈が整っていたのです。

しかし台風18号の影響で、関東も朝から一部警報が出るほどの大雨となったのは周知の通り。それでも八王子では、女性二名の元気パワーであっぱれ初志貫徹を果たしましたが、屋根なし吹きっさらしの広場でスピーチ予定だった多摩市の方はあえなく中止の運びとなりました。
せっかくの機会をふいにして、ご多忙な中スケジュールを調整してくださった福島さんにもまことに申し訳なかったと思います。
そして、万一どなたかが演説を聞きにみえた場合に備え、本降りの雨の中アテンションに立つこととなった佐久間議員ほかスタッフ数名に対しても……申し訳なくて頭を上げられません。

で、「お前はお前の仕事をしろ」と言われ、私はただいま室内でこのようにブログと格闘している次第です。とにかく今日中に上げたい記事はぜんぶ上げなくちゃ!(夏にはブログと、できればHPも開設する予定だったというのは内緒です)
面目ない。


先ほど今日の八王子の写真を送って貰ったので、せめてもここに貼っておきます。
社民党レディースin八王子。
20141005_01.jpg

福島副党首と八王子の新人・佐藤梓さん、悪天候でも元気いっぱいだったそうです。見習わないと!
20141005_02.jpg

お二人ともお疲れ様でした。


《追記》
たった今入った連絡によると、多摩の方も雨の中13人も来てくれたそうです。吹きぶりなのに! 本当にすみませんでした、ありがとうございました。

たとえばこんな多摩の朝

思わせぶりなタイトルですが、要はわたくし伊地智恭子が多摩の平和な朝をお騒がせしているという話です。

多摩市は地方自治体の中でもなかなかリベラル色の強い土地柄だと思いますが、その議会内で社民党の議席は一議席。
これを守る現職・佐久間むつみ議員は来年の任期満了をもって引退する、との決意を表明しています。
その後を継ぐという大任を託されたのが、なんと政治活動100パーセントど素人のこのわたくし。佐久間議員は政治家としてのキャリアも長く、一時は都議まで務めたほどの人ですから、その後継を名乗るというのはどう考えても大変な冒険です。

しかし不肖伊地智、覚悟を決めました。

というわけで、この秋から地元の駅前を回り朝のごあいさつを始めました。今はまだ朝だけですが、来月半ばで仕事を辞めたら夕方も駅頭に立ちたいと思っております。佐久間議員とそのサポートスタッフが手堅く細やかに段取りを整えてくれるので、私はまるきりおんぶに抱っこ。いい歳して恥ずかしいくらい面倒見て貰ってます。


これは記念すべき駅頭初演説、唐木田駅前にて。
20140908.jpg

佐久間議員(画面右側)から「それでは」とマイクを渡された時、何やら頭の中が一瞬真っ白になったのを覚えてます。いったい何喋ったんだっけ……

多摩市内には駅が4つあるので日替わりであちこち回ってるんですが、既にどこでも他の議員さんや立候補予定者さんと鉢合わせします。来年の統一地方選を睨んで戦いはもう始まっているのだ。


これはつい先日、多摩センター駅西口にて。
20141003.jpg

タスキが付きました(笑)
なんか身の丈にサイズが合ってませんが、これでも一番小さいタイプだそうです。ちなみに左胸に着けているのは、双葉町から避難している方々お手製の布ブローチ。
そして手に持ってるのは自分の考えをまとめたビラ(印刷物)と、もっとゆるい作りの短信(コピー)です。後者については、毎号紙媒体として配るとともに当ブログでも逐次UPしていくつもりです。

ブログ開設

はじめまして、伊地智恭子です。
多摩市在住38年、出来立てほやほやの多摩ニュータウンに越してきてからずっとこの町で暮らしています。

昨今の世の動きを見るにあれこれと思うところあり、このたびブログを始めることにしました。しかし自他共に認める機械音痴IT音痴のおっちょこちょい、まずは初投稿のテストを兼ねて電脳社会の皆様にごあいさつを。

よろしくおねがいいたします。
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: