もう2月も終わりですが

日々のふとした拍子に、時間の経過の早さにはたと気付いてびっくりしています。4月の統一地方選までもう二ヶ月切ってるんですよね。世の中あまりにも事件や問題が多すぎ、自分の直近の課題と相俟って何かと頭が混乱しがち。

ブログ更新も怠けがちでしたので、今月、街宣やご挨拶回り以外に自分が何をしていたかをざっと振り返ってみました。



○映画「何を恐れる」視聴
 松尾久子監督による、日本フェミニズム(昔は「ウーマンリブ」でしたね)草創期を担った女性たちへのインタビューを主軸にしたドキュメンタリー映画です。ある意味すごく贅沢な映画で、監督との質疑応答もあって盛り沢山な催しでした。

○諸橋泰樹さん講演「男女差別はメディアから」
CMやニュース報道の中で、どんなふうにメディアが《ジェンダー》のステロタイプを視聴者の脳に刷り込んでいくか、という手管が明快にわかって、目からウロコでした。連続講義を受けたいくらいい面白かった。

○怒れる女子会第2回に出席
「女性と人権ネットワーク」主催で、オッサン政治に我慢のならない女たち(と男たち)の集会です。統一地方選の立候補予定者として、最後に少しスピーチさせていただきました。

○弓場清孝さん講演「原発での体験談」
柏崎刈羽原発の原発作業員だった方の貴重な体験談。現在は体調を崩されていて、被曝労働が原因ではないかと疑われます。ずさんな経営体質と原発労働の危険さ、そこから浮かび上がる大企業の論理の冷酷さに背筋が寒くなりました。

○西永山複合施設の移転問題を考える市民集会
たくさんの市民サークルが活動している施設が、どう考えても無茶な移転計画を市から突きつけられています。充分なキャパもないのに3月末には出て行けとは、前から決まっていたことにしてはいい加減すぎる。市民と職員のお話を伺っていて、これは深刻な問題だと眉間の皺が深くなりました。もう少し何とかならないか?

○福祉まつり
市の総合福祉センターで、手作りフェスティバルが催されました。作業所の方々が焼いたお菓子や陶器、古着の販売などもあってなかなか賑やか。写真は会場に飾られていた雛壇です。

150221_1.jpg


福祉に貢献した市民への表彰式と、地域包括ケアシステムをめぐる市長と関係者の対談もあり、これまた地方自治体の重要な課題に沈思せざるを得ませんでした。

○白石孝さん「マイナンバー(共通番号制)の真実を語る」勉強会
八王子の佐藤あずささんが、非常に気になる勉強会を企画してくれたので行ってきました。この《国民総背番号制》のことはあまり話題にのぼりませんが、これと特秘法のセットで日本はとんでもない管理国家になります。やたらとお金がかかって、しかも情報漏洩のリスクをどう解決するのかというおまけつき。皆さん、この問題もめっちゃ大事なんですよ!

○戦争いらない多摩市民連合でミーティング
反戦・護憲を訴える市民と超党派議員が作っているサークルで、きな臭い社会の動きに対抗するため動いております。目下の対策は4月の統一地方選。立候補予定者にアンケートを依頼しようということで、皆でわいわい討論中です。安倍政権の暴走を地方から止めよう。

○「南多摩尾根幹線の整備方針」説明会
これは今夜行ってきたばかりですが、市の説明後の質疑応答が紛糾して予定より30分オーバーしました。この幹線の整備計画は、以前に市民の大反対に遭って頓挫したままになってるのです。整備賛成・反対入り乱れて市と都の担当者さんたちもタジタジでした。この問題も引き続き大懸案です。



自分的キーワード。
反戦、護憲、核、ジェンダー、福祉と社会保障、地域開発。経済と環境問題の相克。
そして、沖縄の基地問題。

どうやら安眠にはほど遠い。
スポンサーサイト

タンバリン通信 2/13号 ある多摩市民へのインタビュー

前々からやりたかった、市民インタビューの巻です。

T通信10_15021301
T通信10_15021302
T通信10_15021303
T通信10_15021304


インタビュー、とても面白くてわくわくする体験でした(マンガにするのは難しいですが)。こういうの、どんどんやっていきたいです。

地方創生って?

気がつくと2月も後半にさしかかっていますね。時間が経つのが本当に早くて、時々びっくりしています。

少し前のことになりますが、今月4日「多摩ニュータウン再生プロジェクトシンポジウム第2回」に出席しました。
演者の顔ぶれがちょっと面白くて、人気番組『ブラタモリ』を仕掛けたNHKプロデューサーや、多摩市内でユニークな店舗経営や起業コンサルを展開している方などから、少し“やわらかい”目線で街づくりへの提案が聞けました。

とは、言え。
全体的に雰囲気的というか、正直なんだか狙いのよくわからないイベントでした。印象に残っているのは、阿部市長やコーディネーターの方などが繰り返し「市民力」と言っていたこと。ニュータウン再生には市民の力が必要なんだと、これは以前から市長が熱く主張していることです。しかしそれじゃあ、どういう形でどんなことに市民の協力を仰ぎたいのか、そもそも市内にあるリニューアルへの期待やニーズはどうなっているのか、そういうことがちっとも見えてきません。

個々のスピーカーの話す内容がつまらなかったとか、そういうことではないのです。たとえば介護・福祉の仕事をしているNPO代表の方などは、その立場から主張が非常にはっきりしていました。また、前述した市内起業の相談役的な若い男性の話も、地場産業がほとんどない市の将来を憂えている私には、大変興味をそそられるものでした。

でも、多摩市の行政側が具体的に何をしたくてこのシンポジウムを開いたのか、それは全くと言っていいほどわかりませんでした。
何かよくわからないけどやる気はありますよ、ということだけが判るというか。

一つはっきりしているのは、とにかく多摩市には再生計画が必要なのだということです。

全国トップクラスの少子高齢化と減る税収。
市政40年を経てインフラや建物の老朽化・シャッター通り化する商店街・公共施設の再配置など難問だらけの市内環境。
国政の歪みによる福祉予算の減額。

せっかくシンポジウムをやるのなら、もっとあけすけに市内の問題点を全部参加者の前でぶっちゃけて、積極的な市民の協力を乞うたらいいのにと思う私は過激でしょうか。
ともかく。
これからの地方行政はある意味撤退戦を強いられるのです。それは進攻作戦よりもよほど難しいミッションになります、間違いなく(戦争に模した言い回しはあまりしたくないのですが、ニュアンスとしてぴったりなんですよね)。

そのわりには残念ながら今ひとつリアリティの乏しいイベントでした。
でもそれなら、どういうプランを立てればいいんだろう。批判するのは簡単なのですが、その答えを私はずっと模索し続けています。

タンバリン通信 1/30号 消費増税と社会保障

遅くなりましたが、先週まで街頭で配っていた号をUPします。ちょっとばかり過去の恨みつらみが入ってます(笑)

T通信09_15013001
T通信09_15013002
T通信09_15013003
T通信09_15013004

「社会保障のためには……」「高齢社会になるんだから……」と納得してしまう、真面目な市民の方々に気付いてほしい。
生活必需品に課税するという時点で、社会保障の概念そのものと全く相容れないんです、消費税。

街角ウォッチング

先日、市民の方からこんなお話を伺いました。

「雨や雪が降ると、駅から永山病院へと渡る陸橋の舗装面が非常にすべりやすくなる。危険だし、特に病院までの通路がそういう状態なのは問題だと思う」

ちょうど降雪の後でもあり、様子を見るにはいい機会ということで行ってまいりました。
永山病院とは、京王・小田急永山駅前にある日本医科大学多摩永山病院のこと。何を隠そう、わたくしも高校生の頃に一度入院したことがあります。ああ、思い返せばあの時は……


閑話休題。
この日は風が強く、昼間はけっこう暖かかったのですが、日が傾き出すと雪を撫でた冷風が容赦なくこちらも直撃します。さて、問題の陸橋は?

150201_3a.jpg

凍結防止の薬剤が散布された跡がありました。しかし、雪かきの雪がまだ道の端に残っていたので、果たしてどのくらい滑るものか試してみることに。

150201_4a.jpg

滑る。
いや、これは怖い。一応ふつうに歩行ができる私でも怖いです。手すりに掴まらなければ、心許なくてちょっと渡る気にはなれません。でも、雨や雪の日に手すりに掴まって歩くというのは随分つらい話です。それがもしご病気やお怪我の方、高齢者など体の不自由な方であったなら、この道を通るのはかなりの危険を伴うでしょう

やっぱり、街の中を実際に歩いてみなければ判らないことは多いです。現職の佐久間むつみ議員と相談して、さっそくこの橋の管理者にアクセスすることに決めました。

それにしても風の強い日でした。伊地智の髪の逆立ち具合をご覧ください。

150201_2a.jpg

ついつい雪を踏むのが面白くなり遊んでいる訳ではありませんよ、念のため。

ありませんとも。
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: