タンバリン通信 3/27号 沖縄のこと辺野古の今

タンバリン通信は今まで隔週発行でした。理想は週間号なのですが、私の遅筆ではなかなか実現が難しかったのです。
このたび、ちょっとだけ頑張りました。
出来れば4/19の告示日までは毎週リリースしたいと思ってます(19日~26日の間は政治活動ができなくなるため)。

T通信13_15032701
T通信13_15032702
T通信13_15032703
T通信13_15032704

沖縄のことは今、どうしても描いておきたかった。
いくら口で「地方創生」などと言っても、私たちの政府がやっていることは一体何なのか。沖縄の問題とは即ち私たちすべての日本人の問題なのです。
本当は「日本軍が沖縄でしたこと」が非常に重要なのですが、それはこんなラクガキ漫画で到底描けるものではなく(長さ的にも内容的にも)、このような形にせざるを得ませんでした。

あと、一箇所ちょっとした間違いがあって確かに直したと思ったのに、どういうわけか修正したファイルも画像もどこにも見当たらない不思議。すみませんが今はこのまま再掲します。さて、ドコダカワカリマスカ。
スポンサーサイト

アクティヴな市民の方々に呼び出されますよのお報せ

何かというと、来月の統一地方選挙を射程に入れた企画の話です。
わたくし結構びっくりしました。

市議会議員選挙の判断材料にするため、立候補予定者の抱負やマニフェストや考え方を発表する催しが開かれるそうです。
しかも3つも。
しかも全部同じ日に。

実をいうと、このうち2つについては私も前から知っていましたし、1つは企画段階から少々関わっていました(市内での反戦イベントで一緒に活動していますので)。だから、「こういう会が日程までかち合うなんて奇遇だなあ」などと思っていたのですが……
まさか3つかち合うとは思いませんでした。

それでお前はどうするのかって?
参加しますよ、全部。せっかくオファーをいただきましたから。
ただし、そのうち1つは事前に候補予定者にアンケートを出し、その結果を市民に公表するという形を取っていますので、参加と言ってもアンケートのみで当日は失礼いたします。後の2つは時間的に可能なようですのでかけもちします。

ということで、以下にこの3つのイベントのご案内を掲載します。興味を持たれた方は、よろしかったら是非足をお運びくださいませ。
幸いと言うべきかどうか、3つとも主旨や目的は微妙に異なります。噛ませていただく身としては、そういう点でも非常に興味深いと思っています。


栄えあるトリプルブッキングデーは4/5(日)でございます。

・社会教育に関する多摩市議会議員選挙立候補予定者との対話集会
主催:多摩市の社会教育を考える会
時間:10:00~12:40
会場:多摩市立総合体育館(地図はこちら
こちらは「市内の社会教育をどう考えるか」に的を絞ったイベントのようです。事前にアンケートを提出しますが、当日も若干スピーチと質疑応答があります。

・多摩市議会議員選挙立候補予定者による公開討論会
主催:ウォッチング多摩の会
時間:13:30~
会場:パルテノン多摩4F 第一会議室(地図はこちら
精力的に「市政ウォッチング」を続けている団体さんで、こちらも事前に何種類かのスピーチテーマをいただいています。質疑応答もあります。

・戦争いらない そのためにできること
主催:戦争いらない多摩市民連合
時間:13:00~15:30 (★参加費 500円)
会場:ベルブ永山3F 講座室(地図はこちら
第1部……これまでの活動紹介
第2部……集団的自衛権行使準備法制解説
       講師:川崎 哲(あきら)氏(ピースボート共同代表)
第3部……市議選立候補予定者へのアンケート結果発表
私が一番縁の深い主催さんなんですが、事前アンケートは済ませたので当日は失礼することにしました。第2部をとても聞きたくはあるのですけれど、今回は無理。すいません。



それにしても、こんな催しが3つもかち合うとは。頼もしいですねえ、多摩市民。
こういう試みがもっと増えて、投票率が上がって、市民の政治参加がどんどん活発になるといいんですが。

ていうかまず、私はマナイタの上の鯉になるわけですよね。いや、いいと思います、こういうの。議員になろうという人間のことは、なるべく多く知りたいと考えるのが有権者の当然の心理のはず。バサバサ解剖されることを覚悟しつつ(笑)、さて、当日何をしゃべるかよくよく考えませんと。
いい感じに緊張感も上がってきてます。でも半分はやけっぱちです。ダイブ・フロム・清水寺。

タンバリン通信 3/13号 武力でテロは防げるか

前号の続きです。
ご挨拶回りをしていて、この号を差し出すと「本当にこのごろ、とんでもないことが起きててねぇ……」と眉根を曇らせる方がかなりいらっしゃいます。

T通信12_15031301
T通信12_15031302
T通信12_15031303

本当に国を守る気なら、戦争はしない。
戦争したがる連中が守りたい《国》とは単なる既得権益システムだと、断言しちゃっていいと私は思います。

ロフトプラスワンに行ってきました

きのう16日は、『安倍首相から「日本」を取り戻せ!! 目からウロコの軍事的リテラシーの世界(元自衛官・泥憲和X福島みずほX宇都宮けんじ)』(長い^o^)に行ってきました。
これ、そろそろ時間も取りづらいしと一度は参加を諦めたのですが、心の底から行ってよかったと思いましたよ。特に、日ごろ自衛隊関係者のお話など滅多に聞く機会がありませんので、開口一番泥さんのトークにはびっくりして何度もまばたきしちゃいました。

昨日の夕方は多摩センター駅前で演説の予定でしたから、6時まで喋ってそのまま電車に飛び乗るつもりでした。
しかし雨。
それも結構な勢いのある降り。
ともかく屋根のあるところでスピーチとチラシ撒きを、ということで開始しました。有志の方が2人もボランティアで助っ人に来てくださいまして、天気が悪い中ですから本当にありがたかったです。

150316_5.jpg

大体において朝より夕方の方がチラシの受け取りはいいんですが、この時も雨降りなのに何人も手を伸ばしてくださいました。

150316_4.jpg
150316_1.jpg

しかしいささか風が強いし、通行人の方々のご迷惑になってもと予定より早く切り上げ。
それなのに伊地智が忘れ物をしたせいで、家まで往復したりしていたら結局ぎりぎりの電車になってしまいました。遅刻しないでよかった!

店内に入っていくと、折りしも福島さんがお客さんと写真を撮ったりしてらっしゃるところでした。私もちゃっかり写していただきました。

150316_8.jpg

クロストークの前に、まずお1人ずつそれぞれの立場と見地からのお話でスタート。まず泥さんから“IS人質事件”や“アメリカの軍事ビジョン”についてものすごく濃い説明がありました。

・ISを刺激するきっかけとなった安倍首相の「人道支援」云々スピーチが、外務省が出した支援内容の説明(これを福島さんが正規のルートで手に入れてくださり、大変貴重な資料となりました)といかに食い違っているか。
確かに「人道支援」のために出したお金なのだけれど、安倍首相は確かに「ISと闘う人たちへの支援」だと言ってしまっている。それは支援本来の意図(=外務省の公式資料)とは明らかにズレていて、要は安倍さんが勝手に脚色して《ISと敵対する》かのような言質にすり替えてしまったことが、泥さんの説明ではっきりと判りました。

・アメリカは何十年も前から、国際社会における自国の軍事的ステータス確立・強化のためのビジョンを作り上げ、それを耽々と実行してきたのだということ。それは、私にはほとんど《戦争ビジネス》としか聞こえないような代物でした。彼らは武力行使を「高」「中」「低」のフェーズにランク分けして、テロなどの「低強度紛争」レベルにおいてはこれこれこういう観念と手法で「彼らにとっての」害毒を駆除する、そういう認識に立ち全ての戦略を冷徹に練っているのです。

そこにうかうかと乗っかってしまうどころか、日本みずからアメリカの《駒》になりにいくことがどれほど愚かで危険なことか、空調の効いた室内でも肌の粟立つ思いがしました。

150316_6.jpg

宇都宮さんは、戦後処理をめぐる日本の思考停止と無責任が現在の政治劣化を招いていることを、これまた明快に説きほぐしてくださいました。
誰も責任を取らない国。その時々の強者・権力者ならどんな言動も許されてしまう国。その後ろにはやはりアメリカがいますが、結局一番問題なのは国民自身なのだと宇都宮さんは指摘します。日本人全体が変わらなければ、安倍さん1人が退場したところでまた同じことが繰り返される、と私も思います。
ちょうどメルケル首相が来日した直後でもあり、ドイツと日本の敗戦国としてのふるまいがいかに違うか、その点をビビッドに描き出していただいたのが印象的でした。

福島さんは、国政の第一線に立つポジションから私たちの課題を端的に話してくださいました。私たちにとってはある種の記号的存在である議員や閣僚も、当たり前ですが同じ生身の人間なのです。結局、人と人との関わりが世の中を動かしているのだから、世の中を変えたかったら私たちが変わるしかないわけです。ここに宇都宮さんの「1人ひとりは微力であっても無力ではない」というテーゼが、コーダの如く覆いかぶさって高らかに胸に響いてきました。

本当に、行ってよかったです。同時に、これから山のように勉強しなきゃならないと改めて覚悟もいたしましたが。

トーク終了後、写真を撮っていただけるということでそそくさと壇上に上がらせて貰いました。
「え、あの、ここでいいんですか」という感じで、見るからに迷子っぽい顔をしてる写真しかないんですけど(しかも宇都宮さんほかブレまくり)
……いろいろ反省。

150316_7.jpg

板橋区の小山ひろゆきさん、社民サポーターの六郷さん、そのほかたくさんの力強くも頼もしい面子に囲まれて、何ともエキサイティングな夜となりました。どうもありがとうございました。
「地元からデモクラシー」が私のモットーです。私らみんな、微力であっても決して無力ではないんですから!

決起集会2015

こんばんは。日付が変わりまして昨日が「いぢち恭子を励ます会」決行の日でございました。

天気が悪いという予報で心配していたのですが、フタを開けてみたら曇りのち晴れ、これは幸先が良い!と雨女の私は欣喜雀躍。
結果として80名以上の方に来ていただき、やはり懸念だった吉田党首のご到着(大分から飛行機でおいでくださいました)も遅れることなく、お蔭さまで盛会のうちに終わることができました。
参加者の方々と佐久間議員はじめスタッフ一同に、心から御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

まずは第1部。
昨年逝去なさった土井たか子さんへ、遅ればせながら追悼の意をこめて映画『ナウ、ウーマン』の上映を行ったのですが……一度見たはずなのに、初めて見た時みたいにぐっと胸に迫ってくるものがありましたね。
土井さんと、土井さんの登場によって胸に希望を灯した女性たちの顔、顔、顔。
「土井さんだけに頑張らせていてはいけない」という言葉が、何とも苦いアイロニーとなってしまうこの現実。
約30年前の映画なのに、そこで語られている《いま》は2015年の《いま》と全然変わっていません。否、変わらないどころかますます状況は悪化しています。

改憲、秘密法案、女性の政治進出、基地……
私たちはこの30年間、いったい何をしてきたのでしょうか。あるいは、してこなかったのでしょうか。
第2部の皮切りは佐久間むつみ議員のご挨拶でしたが、いつもニュートラルに淡々と話される佐久間さんも、この時はいささか調子が違っていました。ご本人もおっしゃる通り、やはり多くの思いが胸中吹き荒れていたのでしょう。

150315_1a.jpg

やり遂げたこと、やり残したこと、悲喜こもごもを心に刻み直してのバトンタッチでした。

PIC_0026a.jpg

さて、それでは私の決意表明を、という段取りなのですが……
数日前から用意していた原稿もメモも、結局ばっさり切り捨てて思ったままの話をしました。土井さんの映画の後で頭が切り替わらない、という面もありましたし、用意した段取りに沿って話すということが、その時の私には嘘っぽく思われて仕方なかったのです。
結果として良かったのか悪かったのか。
言い尽くせない部分の方が大きかったですが、それも含めて自分のリアルです。

PIC_0028a.jpg

PIC_0049a.jpg

続いて吉田党首より、熱のこもった応援演説をいただきました。
PIC_0067a.jpg

前述の通り大分から文字通り飛んで来られて、終わったらすぐ次の応援へと、本当に息つく暇もない縦横無尽のご活躍です。
更に、副党首福島みずほさんからのメッセージを、多摩支部の重鎮に読み上げていただきました。先約があって来られない、ということで残念でしたけれど、こんなご配慮をいただくとは思っていなくて有難いサプライズでした。

PIC_0075a.jpg

このあたりで、予想通りになかなか時間が押してまして(笑)
参加者からのメッセージもいくつも頂戴しましたが、顔出しOKかどうか判らない方の画像は掲載を控えます。

新春のつどいでもお話しくださった河野貴代美さんからは、忙しく出て行かれた吉田党首にツッコミを入れつつ(笑)とてもユニークな応援トークを頂戴しました。うーん、さすが。

PIC_0077a.jpg

最後に、友人代表のWさんから花束贈呈(゜o゜)

PIC_0117a.jpg


「学生時代、生徒会長も学級委員も班長すらやったことのない奴」だと過去を暴露されましたよ(笑)はい、そうですともさ! ついでに言うとお互い授業中にマンガ描き殴り合った仲だ! ありがとう!

PIC_0120a.jpg

天気も良かったですし。
たくさんの人に来ていただきましたし。
無名の新人の決起集会として、望外の成功だったと思います。もう一度書きますが、これはひとえに参加者の方々とスタッフの皆さんのお蔭です。重ね重ねありがとうございました。



会が無事に終わったそのあとは、多摩センター駅前で「戦争いらない多摩市民連合」のビラ配りに参加してきました。
安倍政権の“戦争できる国づくり”を阻止するため、統一地方選の立候補予定者の考えをアンケートで調べて、有権者に投票時の参考にしてもらおうという試みを実行中なのです。不肖わたくしも提出させていただきました。

ついては、結果発表の日をご通行中の皆さまにアピール。
自分の集会では言えなかったこと(あんまり国政の話もできませんので)をがんがん喋らせていただきました。
150315_3a.jpg

この発表会のことはまた、追ってお知らせいたします。
さあまた明日の朝からアクセル全開ですよ!

タンバリン通信 2/28号 IS人質事件について

多摩市内の駅頭などで配っております、タンバリン通信。
幸か不幸か取り上げたいネタには事欠かないのですが、あんまり事件が多すぎて、なかなか地元のことに筆が及ばないのが悩みの種。このまま国のかたちを変えられたら、市民生活がとんでもないことになるという危機感を抑えられません。

というわけで、今回も。

T通信11_15022801
T通信11_15022802
T通信11_15022803
T通信11_15022804

この話、次号に引っ張ります。

わたしの脱原発デー

今日は一日、街宣や挨拶回りなどはお休み。久々にタンバリン背負って街に出ました。私がマイパートナー持って出かけるとなれば、目的はひとつ。お判りかしら?(笑)
はい、久しぶりのアクション・デーです。みんなに会えるかなと思いましたが、期待したほど会えなかったなあ。それと、自分の迂闊と失敗のため撮れた写真もかなり偏ってます。おかしい……手ぶれ防止機能が付いてるはずなのに……(自分への呟き)


朝はまず、地元落合小と福島の二本松市・杉田小のコーラス部のコラボレーションがありまして、小雨の落合商店街へ。
あいにくのお天気にもめげず、美しい歌声を聞かせてくれました。
150308_1.jpg

オーディエンスも結構集まっていて、ちびっこたちが指揮者の真似をしたりと終始わさわさしていましたね。それでも声を出してふざけたりはせず、この場で何が為されているかは承知していたようで、よかったです。わたくし、子どものやんちゃは決して嫌いじゃありません、もちろん時と場合によっては叱りますけど。
150308_2.jpg



さて今日は3.11を目前に控え、全国でさまざまな催しが企画されていました。わが多摩市でも《3.11フクシマを忘れない 原発のない未来をアクション》というイベントがあり、私は歌を聴いたあと大急ぎでそちらへ回りました。ラストのコールになんとか間に合うくらいのタイミングでしたが、「原発反対!」と叫んでウォーミング・アップ完了。

電車に飛び乗って日比谷の《反原発☆統一行動》へ。
予想通り音楽堂は満員で入れず、周囲で旧交を温めたり署名・カンパしているうちにデモの時間となりました。「請願デモ」と「国会包囲」の二手に分かれるアクションなので、私は前者に加わらせていただきました。
衆議院と参議院の両方に主意書を手渡し。これは衆議院議員あての方かな。
150308_3.jpg

警官ばっか(笑)
参議院の方には社民党の吉田忠智党首と福島みずほ副党首がいらっしゃいました。会釈したらびっくりされてしまったけれど、すいません。今日だけです今日だけ。
お二人は第2部の国会前集会にも出席し、スピーチもなさったのですが、私はそのとき反対側の道路にいたのでお姿は拝見しておりません。しかし、こちら側にまで熱気が伝わってくるような力強いスピーチでした。
その後に生活の党の三宅雪子さん、共産党の志位さん・吉良さん・池内さん・藤野さん、民主党の菅元総理がスピーチ。菅さんが妙に笑いを取りにきたのが印象に残っている私は、いささかピントがズレていたでしょうか。でも現場の盛り上がりは全身に沁み込んでいますよ! しっかとタンバリン叩いてコールしました。
原発反対。
すべての原発を廃炉に。

途中で抜けて希望のエリアに寄ってみましたら、ちょうど吉良さんがスピーチ中でした。
150308_6.jpg

演説やコールや音楽でどんどん盛り上がる場の向こうに、確実な春の訪れを感じます。
150308_7.jpg

今日は《反原発釣竿隊》の方々もたくさん応援にみえていました。汚染水だだ漏れの現在、海の汚染は深刻度を増すばかり。そこで釣りを愛する方々が、一肌脱ごうと頑張ってくださっているのです。
150308_8.jpg

釣竿隊の方々、本当にいい顔してらっしゃいます。
150308_9.jpg


当初は最後までいるつもりだったんですが、体調に今ひとつ自信が持てなくなっていたので1時間ほど早く離脱しました。しかし、行ってよかったです。ここは私の市民活動の原点ですし。
脱原発を実現させるためにも、地元から政治というものを変えていかなきゃいけない。
また明日から頑張ります。



*******************

それにしても、おまわりさんたち相変わらずえげつないですね。
これ見よがしにずらりと並べられた護送車も、見慣れた風景。
150308_4.jpg

一般人は国会議事堂前の道路へは渡らせません。
150308_5.jpg

今まで使っていた国会前の定位置も、工事という名目でこれほど圧迫されています。
どうしてこんなに狭いところを通らなくてはいけないのか。どうして工事完了まで2年もかかるのか。
辺野古での迫害に比べたら笑止千万なレベルですが、疑問は持ち続けていようと思います。
150308_10.jpg


ご参加のみなさま、本当にお疲れさまでした。

がんばってます、多摩市民

えー、わがまち多摩市には“戦争いらない多摩市民連合”という団体があります。市民と超党派の議員が集まっていて、その名の通り《反戦》一事のために結集されたもの。不肖わたくし伊地智も末席を汚しております。特定秘密保護法案や集団的自衛権の行使容認に反対して、同志を募りアピールや勉強会などを実施しています。

眩暈がしそうなスピードで、時代錯誤の極みの軍事国家化が進められている現在。
まずはこの4月の統一地方選で流れを変えたいと、会では立候補予定者にアンケートを実施することにしました。市政への意気込みに加えて、今の国の動きについての考えも訊こうじゃないかという主旨です。その結果を市民に公表することで、誰に投票するか判断の一助にしていただきたいし、現状を訴えて選挙への関心を掘り起こしたいのですね。

アンケート結果の公表は4月5日(日)の午後、場所はベルブ永山の講座室。ただいま告知チラシも制作中ですので、詳細はまたいずれ当ブログでもご案内します。

ただこの日は他の団体でも、「市議選立候補予定者に意欲を語ってもらおう!」というイベントが予定されていて、私はそちらに出席予定であります。こちらの団体も、市民にもっと選挙に関心を持ってもらいたいとずっと活動を続けていらっしゃいます。
何しろ前回の市議選では投票率が50%に満たなかったので、心ある市民はみんなこの現状を何とかしたいと苦心している。これが私たちの《今・ここ》。



そんな中、卒業や巣立ちの季節を迎えて、昨日はこんな活動もありました。私は参加していませんが、地元の都立高校で学生さんたちにチラシを配る、というものです。
150306_124911.jpg

毎回公安のおまわりさんがいらして、配ってる人の写真を間近でばしばし撮るとか露骨な威圧(笑)をとり行うのだそうですが、昨日は配布者5名に対して新顔のおまわりさん2名。まずまず平和につつがなくセレモニーは終了した模様です。
ただ、校門をくぐると先生が袋持って待ち構えていて、生徒さんたちに廃棄を促す(強制ではない、のでしょう、多分)のも恒例のこと。
いくら都立だからってそれが教師のやることか?とうんざりした私は、実はその高校の卒業生だったりします。もっとも、私の時代にそういうせめぎ合いは全く存在しませんでしたが。

もし、私だったら。
先生に「捨てなさい」と言われたら、「私がもらったのにどうしてそんなこと言うんですか」ぐらいのことは言い返すだろうなあ、きっと。
今回、そういう生徒さんはいなかったのかな。


政権側のゴリ押しぶりもさることながら、私が心底辟易しているのは国中に広がる自粛ムード。平和イベントに公民館を貸さないだの、揉めそうな話題は最初から報道しないだの、公務員もマスコミもとにかく何か起きる前からびびりまくっています。
でもね。
地道に頑張っていますよ、多摩市民も。

今月、決起の会いたします

統一地方選を来月に睨み、多摩の地にてガツンと気合いを入れ直す集まりを企画しました。
いささか時宜を逸してはおりますが、故・土井たか子さんへの追悼も併せまして、市政に挑む新人の背中を皆さまに押していただこうという集会です。

以下、案内状からの転載です。

3.15 いぢち恭子を励ます会
        主催:いぢち恭子とまちづくりの会

第1部 DVD上映(53分)
「ナウ、ウーマン」──女が社会を変えるとき──
  (1987年/制作・企画 土井たか子を支える会)

第2部 いぢち恭子を励ます会(15:00~16:00)
 ・あいさつ    社民党党首 吉田忠智(参議院議員)
 ・報告と訴え  佐久間むつみ(多摩市議会議員)
 ・いぢち恭子 決意を語る
 ・皆様からのお励ましのことば

日時  3月15日(日)14:00~16:00
場所  パルテノン多摩4F会議室(会場案内はこちら

※メールフォームもしくはTwitter、Facebook等からご出席の意を一言いただけると幸いですが、当日参加ももちろん大歓迎です。


先日、選挙説明会へ行ってきました。
どんと分厚い書類一式を頂戴しました。
150224_2.jpg

いよいよです。私の初チャレンジ。
山本はるふみさん、そして佐久間むつみさんが守ってきた貴重な社民党の議席に、絶対にこの手を届かせる!
150226_7a.jpg
頑張ります。
どうか、よろしくお願いします。
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: