秋の議会が始まります

さて多摩市議会では、明日から第三回定例会が始まります。

期間は9/1~10/5。連休を挟んで計35日間と非常に長いです。
日取りは違えど、事情はどこの地方議会も恐らくだいたい同じ。この時期、行政から前年度の決算報告が行われるためです。
従って決算委員会が開かれますが、多摩市の場合は「予算決算特別委員会」。決算と予算を連動させ、決算審査の結果を予算に反映・直結させるという考えのもとに運営されています。
かてて加えて、各委員会でもいくつか事業を選び、なるべく詳しく中身を見て審査しようというのが多摩方式。これがかなーり大変で、私の所属する健康福祉では、定例会の最中も勉強会を設けようと計画しています。

一般質問は、私は最後から2番目と決まりました。出番は9/7(月)の午後になります。
テーマは2つ。
1つ目は、ずっと放置されている北貝取小跡地の再利用問題についてです。市民活動の拠点にすると言われているのに、長いこと放置されているので、今後どうするつもりか市側の見解を質します。
2つ目は、6月に引き続いてマイナンバー制度について。この10/5から通知カードの発送が始まるというのに、相変わらず市民の間にはろくな情報が伝わっていません。そんな状態でもパブコメは募集をかけていますから、この制度の問題点をしつこく炙り出す必要があるでしょう。

どれもこれも勉強しながらの泥縄方式ですが、頑張ります。
スポンサーサイト

戦争いらない多摩市民のデモパレード

ブログ更新がすっかり遅れてしまいました、すみません。

8/23午前中は市民体育大会でした。私はすっかり勘違いしていて、特に試合をやるわけじゃないんですね。都大会で男子ゲートボールが優勝し、リーダーの男性が表彰されたりしてました。
エキシビジョンで競技ダンスの実演がありましたが、4組踊って男性が3人(つまり1組は♀+♀)。やっぱり男性が少ないんですね。趣味を探してらっしゃる殿方、ダンスはいかがですか? たぶん引く手あまたですよ。
11875131_1638609449737266_3773417516507497621_o.jpg

面白かったこと。
同会派の岩崎議員が、来賓として来ていた小倉将信衆議院議員をとっつかまえて、結構長く話し込んでました。後で聞いたら、例の新国立競技場の件と安保法制について訊ねたそうな。
11873435_1638611579737053_1699071783848380745_n.jpg

競技場……おかしい
安保法制……進めるべき
多摩と町田の有権者は、彼のこの発言を忘れないでいてくださいね。
それにしても岩崎さんGJです。


そして午後は「戦争いらない多摩市民連合」デモパレード。この試みも早や3度目を迎え、回を重ねるごとに質・量とも充実してきた気がします。ちょっとお天気に恵まれず、最後は降られてしまいましたが、炎天下のデモ行進よりはずっとマシなのでこれも天佑でしょうか。
11894031_1638658886398989_4789023746417869731_o.jpg

目玉はジョニーHさん、スペシャルライブ。毎回来てくださってます。芸人9条の会に入ろうとしたら、代表の古今亭菊千代さんに「もう入ってる」と言われたとか(笑)相変わらずgreatなパフォーマンスでした。
11924743_1638658839732327_7984296293412892413_n.jpg

今回はわたくし伊地智、生まれて初めてコーラー役を仰せつかり先導車に乗りました(タンバリン付き)。先輩議員の橋本さんと、ジョニーHのご協力で何とかお役目を終えられたかな? そんなわけで道中まったく余裕がなかったのと、ゴールに着いた頃に雨が降ってたのとで、あんまり写真を撮れませんでした。残念!

集会には民主党のくしぶち万里元議員も参加して下さいました。
11921734_1638658999732311_1713505060866424189_n.jpg


参加者は350人ほどだったそうです。増えてます。沿道の反応もよかったようです。
これまでの積み重ねが確実に力になってきてます。
8/30の国会包囲への参加を呼びかけて、雨が強まる中多摩市民の会は無事に終了しました。ありがとうございました。

マイナンバー制度についてパブコメ募集!

突然通告されてびっくりしましたが、「周知が足りないのでは」「パブコメやらないんですか」とああだこうだ言ってた身としては有難いです。この土壇場で(通知カード送付は10/5から)ちょっと短期間なんじゃ?とは思いますけど、ここはどんどん市民に声を上げていただきたい。
下記リンクに飛んでいただけば、詳しい資料(PDF)もついてます。
よろしくお願いします。

【8月20日から9月3日まで】
「(仮称)多摩市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例」の制定についての意見募集

こちらは、共通番号制度に反対する意見や立場がわかるサイト。これもご参考までに。
反住基ネット連絡会

いろいろな考え方があると思いますが、リスクとベネフィットをよく考えて導入すべきだと思います。とんでもない額の税金を使うんですから(初期費用だけで数千億円)。

地元から「戦争反対!」デモパレードのお知らせ

FBでは呟きましたが、ついついブログの方がお留守になりますねスミマセン。
今週末、「戦争いらない多摩市民連合」主催でまたまた集会&デモを行います。詳しくは下のリンクをどうぞ。

「戦争いらない 多摩市民連合」ブログ

皆さまのご参加をお待ちしています。戦争反対!
T通信11_15022801

靖国ではなく千鳥が淵へ

今日は8月15日。千鳥ヶ淵の戦没者墓苑に行ってきました。
PIC_0325a.jpg

ぼけた顔を晒していますが、決して寝起きというわけじゃないんですよ。献花した直後なんですけど、何か、どんな顔をしたらいいか判らなかったので。。。私の祖父は父方・母方両方とも兵役に取られ、奇跡的に生還しています。彼らのどちらかが戦死していたら、今の私は存在しなかったかもしれません。形容し難い心持ちで、ただ、手を合わせ頭を垂れるしかありませんでした。
「平和を誓う8.15集会」。
PIC_0319a.jpg

汗が流れ落ちる暑さの中、黙祷のあと来賓が次々と霊前に立ち、誓いのことばを捧げました。
フォーラム平和・人権・環境の代表、福山真劫さんは「今の日本の情勢を皆さまに何と報告したらいいのでしょうか。申し訳なさでいっぱいです」と。
民主党の近藤昭一議員は、岡田党首の談話を読み上げる中で「安倍総理は自身の言動こそが、アジア諸国に不信と不安をもたらしてきたことを改めて反省すべき」と。
我らが社民党の吉田党首は、「《積極的平和主義》《平和安全法制》《核の平和利用》など政府による《平和》の悪用」を指弾。
立憲フォーラム副代表の阿部知子議員は、「安倍政権の暴走を許さない国民の運動の広がり」について。
そして「戦争させない1000人委員会」事務局長の内田雅敏さんは、仏独の和解を例に取って「アジアの関係改善のキーワードは《平和》《反省》《寛容》」であると。

それぞれに強い内省と決意を秘めたスピーチを聞きながら、私は、子供の頃から自分の周囲にあった戦争の匂いを思い出していました。
戦後生まれの私にとって、それは募金を乞う傷痍軍人の姿であり、朝鮮戦争ついて触れた記事であり、頭上をかすめる戦闘機の爆音であり……全ては間接的で遠いものばかり。今年78歳になった母は、いまだに「飛行機の音を聞くとぞっとする」と言いますが、私にはその感覚を思いやることはできても共有することはできません。

戦争を知らないわたしたち。
これから先も絶対に戦争という愚かな選択肢を取らないために、戦争体験者のリアルな声に頼らず非戦のロジックを構築するために、一体どんな知的鍛錬が必要なのだろうか。
「死にたくない」だけでは足りない。
「殺したくない」でもまだ足りない。
絶対ひとを「殺さない」のだという倫理的断定に導くために、わたしたちは命がけで賢くならなければならないのだと思います。


阿部知子さんと話す吉田党首、一瞬、とても厳しい表情を見せたのが印象的でした。
PIC_0329a.jpg

目に痛いくらいの緑。
PIC_0322a.jpg

場内の石碑には、声なき無名の戦没者たちについての記述。
読みづらいですが、どの戦場で何人が亡くなったかが書かれています。
PIC_0331a.jpg
PIC_0333a.jpg

たゆたう淵の、濃い緑色の水面(みなも)。
PIC_0336a.jpg

働く、という権利のために

世田谷区の「発達障害者就労支援センター ゆに(UNI)」へ視察に行ってきました。同じ健康福祉常任委員会の本間としえ議員(公明党)、遠藤めい子議員と3人で。

発達障害は他の障害と比べると、まだまだ公的な援助が行き届いていない面があります。世田谷では先進的な取り組みをしていると、本間議員が教えてくれたので視察に便乗させてもらいました。写真は入り口のところで、左から本間さん、私、遠藤さん、そしてセンター長の平さんです。
150813_123100a.jpg

平さんは元教員。「ゆに」は今年3月の開館ですが、そこに至るまでに着実な歩みを重ねてきてらっしゃいます。お話を伺って、集まった人材の確かさとともに、自治体の財政基盤などさまざまな要件が出揃って、この《結果》が導き出されたのだということを痛感しました。

うーん。
先日、社民党で三軒茶屋の「おしごとカフェ」にお邪魔したときも感じたのですが、とにかく場所の雰囲気が明るい。そして、失敗や停滞も許容して長い目でひとを見守ろうというおおらかさがある。
更に凄いと思ったのは、ハローワークやひきこもり支援所、生活困難者支援所などと多角的・重層的なネットワークを構築して、“困っている人”を絶対にとりこぼさないシステムを作ろうとしているところです。

普通の障害者(というのも変な言い方ですが、まぁこの場合発達障害以外の方々ですね)や生活困難者のための就労支援体制も整っていないわが多摩市では、ストレートには参考にしづらいかもしれない。
ちょっとそんな弱腰の感想を抱いたりもしましたが、非常に大きな刺激を受けたことは確かです。

9月議会の決算審査を目前に控え、何とも背筋の伸びる体験をさせていただきました。さあ、いよいよねじり鉢巻です。

日本の「外交」オンチを治しましょう

今日はまた、非常にエキサイティングで有意義な講演に行ってきました。その名も「戦後70年、いまこそ対米・アジア外交に新しい風を-沖縄米軍基地・安保法制・安倍談話を問う-」。

講師は猿田佐世さん。「新外交イニシアティブ」という団体の事務局長を務めていらっしゃいますが、そもそものは難民キャンプでのNGO活動を経て弁護士になった、というある種筋金入りの女性です。国際経験が豊富で、鳩山元総理が「沖縄基地の県外移設」を言い出して集中砲火を浴びたときの様子を、アメリカ政治の中枢ワシントンDCから見渡すという稀有な体験をお持ちの《非・永田町系日本人》なのです。
どういう意味かと言いますと、そもそもワシントンというのは非常に特殊な都市で、USAの首都だけに何らかの形で政治に携わる人間がほとんどなのだそうです。故に、そこに滞在している日本人も政治家・官僚・大手マスコミの特派員、それに大企業から派遣されたロビイストといった人種ばかり。
国際紛争解決学を学ぶべく大学に留学中だった猿田さんは、まさしくワシントン在住中に民主党政権の誕生を知り、《永田町系日本人》たちが当時どのようにふるまったかを珍しく外部の視点をもって観察できるポジションにいらしたのです。

いや、びっくりしました。立ち位置の違い、見る角度の違いでこんなに物事が違って見えるなんて、という意味で。
猿田さんが現在のような仕事もしくは任務をこなすようになるきっかけは、前述の鳩山さんが起こした“大事件”──普天間基地の県外移設を希望──でした。外務官僚をはじめとする《永田町系日本人》たちは、徹頭徹尾とにかく鳩山さんの声をアメリカに伝えない、そのためにしか動かなかった。あのときの鳩山さんの退陣はアメリカの圧力によるものと言われていますが、その実、鳩山さんの真意はアメリカ政府には全く届いていなかったのだということです。
日本政府の紐つきでなく、普通の視線で原状報告をすることができた猿田さんは、日本国内でやきもきしている基地反対派にとってうってつけの人材だったのでしょう。母国からの依頼を受けて、猿田さんは米国議員相手のロビイングや折衝を行うことになりました。そうした経験を通して彼女は、ワシントンの特殊性と日米の意識の違い、とりわけ日本のマスメディアがいかに偏った報道しかしないかを知ったのです。


当然と言うべきか、猿田さんは辺野古新基地建設に反対です。そこで、今年の翁長さん・稲嶺さんの訪米の際にもずいぶん骨を折りました。そのあたりのお話もすごく興味深いんですが、あれこれ書き始めたら多分キリがないので、ここはひとつNDで発行している本のご案内をさせていただきます。

虚像の抑止力(第2刷)/旬報社
執筆陣……柳澤協二、屋良朝博、半田滋、マイク・モチヅキ、猿田佐世。
150809_181847.jpg

タイトル通り、安倍さんがしきりに持ち出す「抑止力」にどの程度の確実性が見込めるか、ということが書かれています。私はまだ出だしあたりしか読んでいませんが他にも貴重な養分になることが一杯詰め込まれているみたい。
今日の講師のお話同様、「国家の安全保障」という重大かつグローバルな問題を、安倍さん一派が言うような薄っぺらい紋切り型思考で捉えてはいけないのだ、ということじゃないでしょうか。

それは、この島国に住むわたしたちが「そんなの判るわけないじゃーん」と思考放棄することが許されない、そういう厳しい現実をも意味します。
猿田さんは「古典的外交からのシフトチェンジ」が必要なのだとおっしゃいます。外務省だけに任せている限り、私たちは永遠に精神的・情報的鎖国状態から抜け出せない。新しい外交チャンネルを作る可能性は、硬直した現行の官僚組織ではなく私たちの側にこそあるし、否が応でもそれを追求しなければ明日はない。私は、そんなふうに講師のメッセージを受け取りました。


ちなみに今日の企画は、多摩平和イベント実行委員会が主催しています。いやもう、すごい。そしてもったいない。もっともっとこういう講演会を日本各地で開いてほしい、と強く思いました。
さしあたり「新外交イニシアティブ」への加入を検討中です。鎖国日本の明日はどっちだ。

三多摩議員団in多摩

今日の夕方は地元・多摩センター駅前にてダブル街宣でした。

まず16時から、「戦争いらない多摩市民連合」が8/23(日)に行うデモパレードの告知です。ビラ撒きと演説でご案内。
今度は永山第二公園に15:00集合、15:30パレード出発。まだまだ暑い日でしょうけれど、多摩中央公園まで歩きます。デモや抗議のストリート・スター、ジョニーHさんも来てくれます。
まだブログに案内が載ってないみたいなので、更新されたらまた告知しますね。
前多摩市議員の佐久間むつみさんや、同会派の岩崎みなこ議員も一緒にビラを配りました。お疲れさまでした。

佐久間さん、グラサンかけると貫禄が増します。
PIC_0290a.jpg

市民連合のメインライター・Tさんと、チラシを配る岩崎みなこ議員。
PIC_0289a.jpg


17時からは社民党・三多摩議員団による安保法制反対の抗議活動。
残念ながら、個々に忙しくて三多摩四姉妹は揃わず。しかし五人目の姉妹、狛江の市原広子市議が駆けつけてくださいました。「20分しかいられないのよ」と言いながら。。。いやいやいや! そんなに忙しいのに「少しでも」とわざわざ多摩まで来てくださり、大感激です。
このところ、街宣をやればやるほど手応えを感じられて、すごく気分が上がってきています。
受け取ってくれる方々がですね、惰性とか何となくとかそういう感じじゃないんですよ。手をはっきり伸ばして、中には通り過ぎかけて戻ってくたりとか、「本当に困るわよね! 頑張ってね!」と声をかけてくださったりとか。
PIC_0298a.jpg

そして、若い人が受け取ってくれるんです。今日は何か毅然とした様子で手を出してきた少年もいて、こちらも思わずはっとしました。
みんな、心底今の状況はあぶないと思っているんでしょう。STOP安倍政権、私たちは諦めません。諦める必要なんか微塵もありませんからね。

市原広子市議(狛江)
PIC_0307a.jpg

村崎啓二市議(府中)
PIC_0313a.jpg

桜木善生市議(東久留米)
PIC_0318a.jpg

そして佐久間むつみ前市議(多摩)
PIC_0292a.jpg


他にも、社民党サポーターズがたくさん来てチラシ撒きを手伝ってくれました。暑い中ほんとうにありがとうございました。
PIC_0294a.jpg
PIC_0302a.jpg
PIC_0304a.jpg


……しまった、自分の写真を撮ってもらうの忘れた。

河を守るのも大事なお仕事

今日は午前中が健康福祉常任委員会の勉強会。決算審査の準備として、地域包括支援事業について市職からレクチュアを受けました。
……わからん(感想)。
多摩市では、予算と決算を連結させて共通の理事会を作り、各委員会が事業を選定してかなり詳細な審査をします。この決算審査が入ってくるので、9月議会は9/1~10/5(予定)という長さになるのです(連休もあるけど)。

正しい審査をするために、これからみっちり勉強します。
もちろん一般質問の準備もします。
市民のかたからのご依頼やご要望も伺います。
更にアベ政権は許しません。

どういうライフサイクルになりますやら。とりあえず、地元の朝のラジオ体操はパスすることにしました。申し訳ないけど、ちょっとキャパオーバーです。



さて、午後は河川改修促進大会に出席しました。都内と都下を流れる河川のうち、国の管理でないものは各自治体の担当となるのですが、河川改修工事はなかなかの大事業。国交省や都との繋がりも大事ということなのか、来賓の顔ぶれにもそちらのバイアスがかかっていたような。
PIC_0231.jpg

新人議員にとっては、八幡の藪知らずがまたひとつという感じです。会場に到着すると各自治体の職員が出迎えて席へ誘導とか、ホントにびっくり(暑いのに玄関で待つとか、炎天下ですよ。あまりに気の毒)。
広い会場、来賓挨拶に祝辞、最後は万歳三唱(謎)……大事な仕事かもしれないけど、なんでこんなセレモニーが必要なのか、ぺーぺーには今ひとつ理解できませんでした。そんなお金を使う余裕があるなら、と各方面に思いを馳せたのは内緒です。

え、万歳? やりませんよそんなの(笑)代わりに写真撮っときましたのでどうぞ。
PIC_0276.jpg

村山元首相のお話を聞いてきました

「村山談話と戦後70年-戦争による平和はありえない-」に行ってきました。
村山さんはたいそうお元気で、「矍鑠」と形容するのが憚られるくらいでした。村山談話を出すにいたった経緯、そこにかけた思い、現状への感想とそれを超えた未来への意志というものを、短い間でしっかりとお届けいただいたように感じています。

まず、福島みずほ副党首が開会宣言。
個人的に、ちょっと「お疲れなのかな?」と心配になりました。いつも通り快活・明晰なのですが、いつものみずほパワーがややトーンダウンしていたような。国会から地方遊説からTV出演から、休みなしのこ活動なので無理もありません。
PIC_0912a.jpg

吉田忠智党首より主催のご挨拶。
PIC_0929a.jpg

福山真劫・平和フォーラム代表より連帯のご挨拶。
PIC_0959a.jpg

そして、村山富市名誉党首の講演。
この日は近くで右翼のなんちゃらもあったらしく、その余波なのか何なのか後半で聴衆の男性ひとりがおかしな声を上げ始めました。周囲がざわめきスタッフと当人の間で揉める中、「まあちょっと待って、もう少しで終わりますから」と飄々と話し続けた名誉党首、そのお人柄と呼吸をさすがだなあと思いました。動揺もせず、居丈高にもならず、全くの自然体でマイペース。
騒ぎはさほど大きくならず、件の男性はその後黙って退席してしまいました。やれやれです。
PIC_0984a.jpg

村山さんと評論家・佐高信さんの対談。
このお二人は本も出している間柄ですからか、何かゆったり安定した間合いのトークでしたね。佐高さん独特の首相コキオロシに対して、どこか春風駘蕩な名誉党首です。
PIC_0987a.jpg

佐藤あずさ八王子市議によるアピール文読み上げ。
PIC_0052a.jpg

又市征治幹事長より閉会のご挨拶。
PIC_0086a.jpg

そして最後は吉田党首のリードで「団結ガンバロー」。
司会は吉川元政審会長でした。一番撮影がうまくいかなくて、こんなお顔のショット。すみません。
PIC_0962a.jpg


駆け足の記事で申し訳ないですが、こうして書き連ねていても胸元までこみ上げるのは、嘘とごまかしで自論にしがみつく安倍政権への怒りです。
アナクロ独裁・軍事路線へつっ走ろうとする連中を、私たちは決して許してはならないと思います。ガンバロー!
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: