行政視察に行ってきました/2日目

さて前の記事に引き続き、健康福祉の面々の珍道中……と言うと、他のメンバーに「珍」はお前だけだと突っ込まれそうです。あくまで伊地智一人のボケとお含みください。
というわけで、あくる日は愛知県の尾張旭市へ。いきなり保健健康センターにお邪魔しました。
PIC_0365a.jpg

こちらの視察の目玉はなんと言っても、軽度認知障害発見のためのチェックテスト「あたまの元気まる」。アメリカで開発されたソフトを日本式にプログラムし直したもので、内容は尾張旭オリジナルです。PCを使って集計や採点がスムーズにでき、ゲーム感覚でトライできるというこのテスト、あえて若手の松田大輔副委員長に受けていただきました。
PIC_0376a.jpg
PIC_0377a.jpg

なんでもっと年嵩の議員たちがいるのに彼をわざわざ任に当てたかと言えば、我々がやって結果がアレだったらシャレにならんからです(真顔)。
PIC_0380a.jpg

……さすが、松田議員は80点以上の高成績でクリアしました。普通は1対1で静かな場所で行うテストですので、かなりやりにくかったと思うんですが。

しかしこの市もなかなかユニークで、駅前に設置された市の掲示板に、何やら婚活めいた催しのお知らせが貼ってありましたね。進んでるな! 
PIC_0355a.jpg

あと、これは行政とは関係ありませんが、街中のポスターがやけに時代劇モードでしたね。これも土地柄というものでしょうか。
PIC_0356a.jpg

ところで、認知症の早期発見については多摩市でも対策を強化しているところです。9月議会で「認知症ケアパス」という新しい取り組みが紹介されました。こちらは自分で自分の状態をチェックするというものですが、発想としては「あたまの元気まる」と同じです。
しかし「あたまの元気まる」の方が、ゲーム感覚でできるぶん楽しくてとっつきやすそうです。ただ、やはり今のところ普及率は今ひとつらしく、次の一手をどう打つかが悩ましいようですね。
特に、自分が認知症だなどとは認めたくない・知りたくない人達への声かけが難しそうです。共通の問題点を確認し合って、われわれ多摩組も頭をひねりながら尾張旭市を後にしました。


帰りは名古屋まで出てから新幹線。名古屋駅で結構時間があったので、ハロウィンモードのお菓子をいただいてみました。外側がふわふわハバロア、中はプリンでした。
PIC_0391a.jpg
一番かわいく見える角度を探してパシパシ撮影なぞしていた私ですが、もちろん行楽気分で浮かれてはおりません。


この2日間で吸収したことを、果たしてどのように多摩市政に活かすことができるでしょうか。どこの自治体も厳しい現実の諸問題と対峙し、何とかしなくてはという明確な問題意識を持っています。市民のニーズに応えたいと頑張っています。
ただ、行政のアピールに積極的に応じてくれる人たちはいいのですが、なかなかこちらの声や手が届かない人たちへはどんなアプローチが有効なのか。万能の答えや処方箋はないので、私たち多摩市議も必死で知恵を絞らなくちゃなりません。

議会の中で、外で、奮闘は続きます。
DSCF6145.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: