FC2ブログ

誰のためにお仕事するの?

議会運営委員会も終了しました。これで9月議会は残すところ10/4の全体会のみ。しかしまだまだ油断できないというか、決算承認の前に意見討論をするので、これから原稿を準備せにゃなりません。自分が議場で何を言ったかを振り返って。。。できれば、自分の質疑の動画なんかは見直さずに済ませたいのですけど。。。(←何の罰ゲームだ、というくらい苦手)


今回の議運はそれほどヘビーな案件はなかったですが、個人的により強い議会改革推進の必要性を痛感しました。パルテノン多摩改修問題だって、これだけモメてて議会として付帯決議も出したのに、未だに特別委員会も作れないんですよ信じられない!

自民党のベテラン議員さんがどうしても首を縦に振ってくれないので、3つの常任委員会がバラバラに、それぞれの所管の範囲内で調査や審議を行う状態が続いています。特別委員会があればもっと効率的に、もっと徹底した議論ができるのに。
反対の理由は何かといえば、

1.いま3つの委員会で話し合っていて、まとめを3月に出すのに何故特別委員会が必要なのか。
2.公開の場での話し合いとなると、業者などは喋りにくくなるかもしれない。

だそうです。
私などは、市民のお金を使って市民のために作ったものについて、公に話し合えないとは何事だと思うわけですが。

この「非公開じゃないと腹を割って話せない」というのは、中央の官僚さんあたりからもよく聞くセリフ。
一体どんな話をしてるんでしょうね?
プロフィール

いぢち恭子

Author:いぢち恭子
2019年 市議2期目スタート
2015年 多摩市議会議員初当選

2013年 東京都知事選
宇都宮けんじ候補の選対にボランティアとして参加。

1981年 和光大学人文学部芸術学科入学。

1983年 同大中退。
舞踏家としてスタート。

1978年 都立永山高校入学 1976年 落合団地に引っ越す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: