FC2ブログ

図書館というセーフティネット

唐木田菖蒲館で「公共施設の見直し方針と行動プログラム」更新案の市民説明会がありました。唐木田は3年前に地域図書館の廃止案が出されたとき、市民の反対運動で大きく揺れた地域のひとつです。そういう事情で市側も地域ごとにこうして丁寧な市民交流を心がけているわけですが、やはり出席者の舌鋒はなかなかに鋭いものでした。それでも、前に聖ヶ丘の説明会に出席したときと比べると、割合穏やかに終わったような気がします。

とは言え、市民としては地元で親しまれた図書館を突然「廃止」と言い渡されたことは、いまだ忘れがたい衝撃なのでしょう。何人もの方から再三にわたり「図書館のいっそうの充実を」「市民の声を聞いて」といった要望が出されました。多摩市の図書館利用率や貸し出し冊数は折り紙つきの高さですから、それも無理のないことと頷けます。

ただしその一方で、「財源不足から廃止案を出して、市民の反対でそれを撤回した後、それでは財源をどうするのか」「問題を先送りにしただけではないのか」「市側に確固たる運営方針はないのか」といった意見も多く聞かれました。市民とて市の厳しい現状を理解していないわけはなく、だからこそパルテノン改修費に80億と聞いて度肝を抜かれたのです。大切な施設を残して貰いたいからと言って、単純に「やめます」「やっぱやります」では済まないと、ほとんどの市民は判っているのです。

所管の職員も繰り返し「話し合い」「検討」と答えていました。一般質問でこの問題を取り上げた私としても、様子を見ていて思うところは多々ありましたが、それはまた次の質疑に活かすこととします。
プロフィール

いぢち恭子

Author:いぢち恭子
2019年 市議2期目スタート
2015年 多摩市議会議員初当選

2013年 東京都知事選
宇都宮けんじ候補の選対にボランティアとして参加。

1981年 和光大学人文学部芸術学科入学。

1983年 同大中退。
舞踏家としてスタート。

1978年 都立永山高校入学 1976年 落合団地に引っ越す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: