1.17 女たちのヒューマン・チェーン

今日の午後は自由時間をもらって、“安倍政権に怒る女たちの国会包囲大作戦”に参加してきました。戦争したがる男たち(と一部の女たち)にレッドカードを突きつけるべく、おのおの赤い色を身にまとっての抗議アクションです。

予想以上の人数が集まり、大成功。

13時に始まって、30分後くらいには人の輪が繋がったのではないかな? 最終的には人が多すぎて二重、三重にならざるを得なかったり(私がいた国会図書館前あたりもそう)、主催者側の人数発表はまだ確認していませんが、これは大成功と言って差し支えないと思います。

これは国会正門前、スピーチ等が行われるいわばメインステージ周辺の様子。開始直後くらいで、この後ぞくぞく人が増えていったのでもっと凄いことになったんじゃないかな。
150117_1.jpg

特に誰とも約束はしなかったんですが、あっちこっちで知り合いの顔を見つけました。こういう時、ぱっぱと写真とか撮れない私はまったくぼんやりさん。

代わりと言っちゃあ何ですが、あまりこの手の現場にはいらっしゃらない方のために国会前のリアルをお見せしましょう。

国会包囲と言っても、こういうとき私たちは国会側の歩道には行かれません。警官隊がわんさかと出て、がっちりガードを組むのです。渡ろうとするとめっちゃ遮られます。形式上は「ご協力のお願い」ですが、逆らうことは許されません。理由は「安全確保」の一点張りで、何が危険なのか何故規制するかの法的根拠も示されません。
公務中の警官なのに、所属と名前を聞いても誰も答えません。

それでも今日は、普段の警備に比べて対応がソフトだったようですけれど。
150117_2.jpg

これはアクション終了後、おまわりさんたちが官邸前の鉄柵を片付けているところ。
もちろん護送車もたくさん道に横付けされてました。あからさまな示威というか恫喝というか、この国のミンシュシュギなんてこんなものです。
150117_3.jpg


落合恵子さんのスピーチにもありましたが、今日の行動が成功したからOK、ではないのです。
暴走政権との闘いはこれからが本番。赤をまとった女&男たちの怒りと抵抗の精神をもっと大きな力に束ね、この国の未来を守りましょう。
私たちの若い仲間に、《戦争する国》を引き継がせるなんてまっぴら御免ですから。
スポンサーサイト
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: