「戦争いらない」わたしたち

今日はあいにくの雨(というか既に嵐)でしたが、過ぐる9月28日は幸い好天に恵まれまして、地元多摩にて「戦争いらない多摩市民連合」初の集会が恙なく行われました。

この団体はその名の通り、戦争に反対する市民や超党派の議員たちが集まって作ったゆるやかな集合体です。思想信条も違えばライフスタイルも異なる、ただ「戦争はまっぴら」と思うその一点のみで団結し結集した人びとなのです。私もスタッフの一人として参加し、ほとんど何もできませんでしたが、とにかく市民のまっとうな「NO!」の声を集めようと計画の端っこに加えていただきました。

これは有志Oさんがデザインしてくれた旗です。
20140928_01.jpg


当日は2部構成で、まず第1部は駅にほど近い多摩中央公園で2人のゲストをお迎えしました。1人はジョニーHさん、元教師でとてもユーモラスな替え歌パフォーマンスを得意とする方です。私は時々、経産省前の抗議アクションなんかでもお姿を拝見してるのですが、先方はこちらのことなんか全然ご存知ないはず。もう少しお話と歌を聴きたかったなー。

20140928_02a.jpg
『戦争を知らない子どもたち』や『スタンド・バイ・ミー』など、誰もが知っているメロディーを機知に富んだ歌詞で生まれ変わらせる手際は本当にお見事でした。この日はことのほかお忙しく、アンコール一曲のみにて次の舞台へ? 飛んで行かれました。


そしてもう1人のゲストは元自衛官、それも精鋭部隊と言っていいレンジャー隊員として勤務しておられた井筒高雄さん。この方も最近は様々な場所でアクションを起こされているので、お話を耳にしたことのある方もいらっしゃったんじゃないでしょうか。

20140928_03a.jpg

この方の当日スピーチはYouTubeで視聴できます。



井筒さんも話の中で触れてらっしゃいましたが、この日は珍しく(と書かねばならない現実が悲しい)若者の参加もあって、かなり有意義な集まりになったんじゃないかと思います。お二人の後は多摩市民のスピーチ、そして一時間の休憩を挟んで第2部へ。


第2部は中央公園からさほど遠くない、通称《三角広場》と呼ばれている場所で市民のリレートークを行いました。議員や元教師の方など、いろいろな立場の方が自らの視点で今の政権のおかしさ、戦争の不条理について訴えました。不肖わたくしもちょこっとマイク握らせていただきました。



第2部の、そして集会の締めは政府に突きつける市民のレッドカード。

20140928_05a.jpg

参加者は第1部350人、第2部が150人とのことでした。
「市民連合」共同代表のNさん曰く、「これが始まり」。まさにその通りで、ここから私たちの本当の戦いが始まるのです。それは安倍政権のいう《戦争》とは全く異質の、武器を持たない真にリベラルな戦いになるはず。否、ならなければいけません。

次の世代に、取り返しのつかない傷と惨禍のみの未来を残さないために。
スポンサーサイト
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: