マイナンバー制度、誰のため?(1)

5/8、マイナンバー制度の問題点について学ぶ院内集会に行ってきました。池内さおりさん、福島みずほさんなど国会議員の方もいらしてまして、1時間の予定が1時間半になってもまだまだ時間が足りないくらい。かなりの熱気で盛り上がった勉強会でした(以下、当日のメモに従って記事を起こしていますが、語彙や言い回しは多分に伊地智の主観で再構成されています)。

この日の午前中が、ちょうど審議の始まり。
自民党の平井卓也議員が熱心な旗振り役のようで、出席者の中に何人も傍聴された方がいらっしゃいました。
この法律、何が怖いって施行前から利用対象を拡大しようとしているのです。なりふり構わない鼻息の荒さに辟易しますが、その勢いと反比例して一般的に関心が低いのも大きな懸念ですね。

まず共産党の池内さおり議員が、委員会メンバーとしての立場からコンパクトに話して下さいました。
2年前に法案を出された時は対象外だったものが、次々とターゲットに加えられていることを指摘。最近ようやく新聞でも取り上げられるようになり、「あのヨミウリですら『今のままでは不備がある』と書いていたそうです。
「それでも記事の結びは『諸外国と違って日本は大丈夫!』というところがさすがヨミウリ(笑)」
PIC_0543a.jpg

プライバシー・アクションの代表で、住基ネット番号問題にもお詳しい白石孝さんは、「今日は少し違った角度から話したい」と審議を傍聴した感想を述べておられました。
前述の平井議員は2020年のオリンピックを大きな節目と考えており、とにかく相当強烈な共通番号推進派のようです。「テロ対策」という名目で監視国家づくりを完成させたいのかな、と勘繰らずにいられない内容のお話でした。
いま審議中の法案について、平井議員がもう既定事項のように語っていたのが印象的だったそうです。社員証、保険番号、クレジット・カードなど、民間の分野にどんどん拡大していこうとする野心がありあり。
PIC_0545a.jpg

次にマイクを握った井上和彦さんは、『やぶれっ!住基ネット市民行動』という勇ましい活動をしてらっしゃる方。拡大利用の話を繰り返す平井議員に、強烈な本音と並々ならぬ執念を感じられたご様子です。
ただし、住基ネット番号との間の連携、繋がりがどうなるかはまだ見えてきません。
特定秘密保護法とマイナンバー制度が結びついたら何が起こるのか、個人のセンシティヴ情報がマイナンバーに紐付けられたら何が起こるのか、突っ込んだ議論がなされないままに計画のみ進んでいくという危機感。慎重審議を望むべきだと、井上さんは言います。
PIC_0546a.jpg

ここで、飛び入り参加の福島みずほ議員にマイクが渡されました。
この制度をめぐる動きは軽視できないし、止めなければならない。特秘法のことで揉めていた頃は「情報は絶対拡大利用はしない」と言っていたのに、今や「あらゆる情報が結びつくので便利」という方向に、話がだんだん変わってきているそうです。
懸念すべき点は、
・個人の資産なども好きに調べられるので、「あなたはこのくらい負担できるだろう」と社会保障の削減に使われるかもしれない。
・個人情報が官邸サイドに筒抜けになる。市民運動を取り締まるなどの“悪用”も可能になるかもしれない。
ということですね。
最近は国会の中も相当窮屈になってきていて、言いがかりみたいな形で締め付けが厳しいようです。「院内集会で政治的なことは」といったおかしな規制が普通に使われるようになってきた。
「院内集会って、政治的なことを取り扱うところでしょ?」という福島さんのツッコミが、非常に印象的でした。
PIC_0548a.jpg

白鴎大学で法学を研究しておられる石村耕治教授は、PIJ(プライバシー・インターナショナル・ジャパン)の代表でもあります。このマイナンバーが、2年前に出された時とはかけ離れた代物になっていて、しかも非常にわかりにくい。この方のお話は明快で、「これは失敗する。情報がだだ漏れになる」ということです。それが、抱負な認証とともにきちんきちんと述べられていきます。

結構記事が長くなりそうなので、ここで一旦中断します。残りは後日。
スポンサーサイト
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: