ファースト・デモクラティック

6月議会も残すところ4日となりました(休会日を1日挟みます)。

毎日がすごく濃くて、目が回るようで、時間感覚が今までと全然違います。たとえば選挙の準備期間も忙しかったですが、それは毎日飛ぶように流れていく時間で、渦中にあっても振り返ってみても本当にあっという間の早さでした。
議員になってからは、毎日が重い。
自分のスキルが追いつかなくて、四六時中あっぷあっぷしてるのは前と同じなのに、それでも体に刻む時間の密度は驚くほどに濃い。公務に就いてもうじき2ヶ月経つわけですが、自分の身裡では何か半年くらいバタバタやってる感じです。

これ、もう少し慣れたら元に戻るんでしょうか。


私が所属する健康福祉委員会は先日終わりました。
でも今議会は全部傍聴するつもりなので、毎日市役所には通っています。あと残っているのは
・子ども教育委員会
・代表者会議
・議会運営委員会
・本議会
……ですね。

さて、ぺーぺー議員が今回非常に悩んだ問題のひとつが、市内さまざまな公共施設の使用料改正問題です。
多摩市は他の自治体に比べて文化施設が多いと言われていますが、高齢化が進み財政の厳しい中で活発な市民活動を支えるために、いかにして施設を維持・管理していくかはとても重要な問題です。で、市は10年前に使用料金の設定に関する基本ルールを作りました。
これは行政と議員に学識経験者、そして市民も参加して何度も話し合い決めたものです。だから、最大限尊重しなければならないと私は思っています。

ルールには3つの柱があって、
1.受益者負担の原則
2.算定方法の設定
3.3年毎の料金見直し・6年毎のルール見直し

つまり
1.税金で作った(=みんなで負担)ものだけど、使う人もそれなりに負担しよう
2.値段決め方をきっちり決めよう
3.世の中の変化にきちんと対応できるようにしよう
というふうに定められているのです。

ところで個人的には、私は1.には賛成してません。公共施設は道路などのインフラ設備と同じで、100%税金負担でいいじゃないかと思ってます。
それでも、今回は出された修正案(ほとんどが値上げですが、一部は値下げも)に賛成しました。値上げしないでという陳情も出されていたのでずーっとずっとずっと悩んでましたが、最終的には賛成に回りました。

理由は2つあって、1つは算定ルールが中々よくできていると思えること。急激な値上げにならないよう配慮しているし、むやみに値上げしようという発想ではないので安くなる施設もあるし、たとえば他のことで市民の負担が増える年には値上げしなかったりしているからです。そもそもホールや会議室を1人で借りる人はまずいませんから、単価を一瞥して感じるほどには市民の負担は大きくないはず。

そしてより大きな理由は、前述した通りこのルールは市民も話し合いに参加して決めたものだということです。
私の政治目標は市民自治なので、今はまだ部分的・末端的な参加に過ぎなくとも、自分たちで決めたことに責任を持つとのはかなり重要な一歩だと思っています。

で、そう考えるとむしろより問題なのは、公共施設をめぐるもう1つの問題──どれを廃止しどれを存続させるか、あるいは作り直したり合併させたり機能を変えたりするのか、という行動プログラムの方じゃないかと。
これは施設料金の話とは別立てなので、事と次第によっては「料金上げました、でも○年後にはなくします」になってしまいかねないですから。

そして、市民はこのプログラム策定に関わっていません。このことの方が大きな問題だと私は考えています。結局、使用料をどうするかなんて話は、市と市民にとって公共施設がどういう意味をもち、どのように運営していくかという全体的な視野の中で決めない限り、絶対に辻褄が合わなくなると思っているからです。


個々の施設の存続だ廃止だ合併だという話は、これから本番を迎えます。
私は委員会で自分の考えを述べましたが、最終日でも議場の流れによってはもう一度意見を表明するつもりです。

市民が主役のまちづくり。
私の目標なんです。

140216_144010a.jpg
(写真は記事とは直接関係ありませんが、ひょっこり見つけたので上げてみました。都知事選後の慰労会にて)
スポンサーサイト
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: