社民 DE 視察その2

社民党三多摩議員団の行政視察、21日は桜木義生団長に手配していただいて、東久留米市の財政と環境対策を学びに行きました。

東久留米は市内に2つの湧水群をかかえた、とても環境資源に恵まれたまちです。市庁舎も立派で目をみはりましたが、更に驚いたのは1階の中央スペースにも堂々たる緑が。
IMG_2707.jpg

さすが、水と緑のまち東久留米といった趣です。
IMG_2711.jpg

そのうえ、議会事務局が私たち一人ひとりのネームプレートまで用意してくれていたのにもびっくりです。ありがたいので、しっかと証拠写真を載せておきますね(笑)

左から青山秀雄市議(昭島)、東久留米のドン(笑)桜木団長、村崎啓二市議(府中)、
IMG_2718.jpg

やはり左から佐藤あずさ市議(八王子)、中江みわ市議(小平)。
IMG_2716.jpg

市原広子市議(狛江)。
IMG_2726.jpg

で、わたくし。
IMG_2722.jpg

前半は東久留米市の財政問題について、財政課長から詳しくレクチュアを受けました。
東久留米は国から交付金を受けている自治体です。臨財政のお話などは、不交付団体である多摩市はあんまり勉強しなくてもいいかと思っていましたが、大いに認識を改めました。しかし、財政は本当に難しくてまだ私は全然ついていけてません。
どこでも必ず出てくるのは《少子高齢化》で、けれども地域の事情は千差万別。簡単に他市の真似はできませんが、人の考えを聞くことは自分の頭のブラッシュアップに繋がります。それにいただいた資料がとてもよくまとめられてて、大変参考になりました。


後半は、市役所近くの落合川湧水群を案内していただきました。きれいな水、豊かな緑、歩くのが気持ちよくて視察にしては羽根を伸ばし過ぎたかも。

これは湧水群近くの竹林公園です。
IMG_2745.jpg

あまりにステキな眺めで、なかば遠足気分の一行(私だけ?)
IMG_2762.jpg

映画ロケができそうな竹林。
IMG_2754.jpg

「きれいだねー」「いいところ~♪」連発でした。
IMG_2748.jpg

水のきれいさは格別!
IMG_2780.jpg

で、やや悪ノリいたしました。
IMG_2776.jpg


いや、本当にいいところでした、東久留米。
みどりの保全については我が多摩市も課題山積です。東久留米では、ボランティアの活動がそうとう活発なようですが…あれだけの自然が身近にあったら、そりゃあ誇りにも思うし大切に守っていこうとするでしょう。

私たちのまちでも市民を巻き込んだ取り組みは進められていますけど、もうちょっと欲張りたいなと感じた帰り道でした。

社民 DE 視察その1

10月は2日続けて、社民党三多摩議員有志による行政視察を行いました。まず20日は武蔵野市へ、移送サービス「レモンキャブ」について学ぶためです。藤田たかひろ市議(国立)の呼びかけで、中江みわ市議(小平)・さかきばら登志子市議(調布)と私が参加しました。
14691358_1796763060588570_3855239486816868277_o.jpg

武蔵野は全国的に見てもかなり小さく、しかしかなり裕福な自治体。その試みを多摩市の行政でストレートに真似るのは難しいですが、「市民が支え合うシステム」という制度設計は参考になります。それにしても、コミュニティバス「ムーバス」が赤字じゃないって凄いな。。。
レモンキャブの運転手さん(運営協力員と言います)はほとんどが地元の自営業者さんがただそうですが、お父さんが地域の人のために頑張っている姿を見ていて、自分も協力するようになったという若いお嬢さんが試乗させてくれました。

搬送される藤田幹事長。
14700964_1796763103921899_4397939326717239744_o.jpg

搬送されるさかきばら議員。
14753210_1796763160588560_2801872033058964906_o.jpg

車体のカラーは特別にこだわってこの色に塗ってもらったのだそうです。鮮やかなレモンイエローが目立ちますね。私も乗せてもらえばよかったかな。


さて帰り道、せっかく来たので有名な図書館「武蔵野プレイス」も見学してきました。
14666141_1796768320588044_1375041741735084388_n.jpg

これがまた、聞きしに勝るゴージャスさでした! ただお金をかけるというのではなく、市民のニーズや使いやすさを考えて作られているのに感心しきりです。何しろ、完全防音のサウンドルームではバンドの練習もできるんですよ。さすが「ひと・まち・情報創造館」と謳っているだけあって、市民活動をサポートするサービスや貸しルーム体制も整っています。
IMG_2667.jpg
IMG_2668.jpg
14713059_1796768370588039_3980858499797657341_o.jpg
IMG_2680.jpg

それにしても、多摩市では図書館は「開架部分は1階、増やしても2階まで」と言っていたけど、ここはB2~2階までが本棚びっしりですよ(3・4階はワーキングフロアや会議室など)。利用者に垂直移動はさせたくないという趣旨だったように記憶していますが、武蔵野プレイスの活況を見ているとそんなの気にしなくてもいいのでは? と感じました。

本市の図書館本館移転も、これから本腰入れて取りかかる事業のひとつ。かけられるお金は違っても、市民サービスの質は負けずに張り合いたいものです。

北海道視察 健康福祉編

10/13~14は健康福祉常任委員会の視察で、北海道へ行ってきました。赤平市で介護予防、美唄市で受動喫煙防止の先進事例を学ぶためです。事前に「向こうはもう雪が降ってるらしい」との情報を得たので、さんざ着るものに悩んで今期初のコート片手に、更に使い捨てカイロもしっかり鞄に入れて出発。けっきょく雪には降られず、向こうも日中はそれほど寒くはなかったのですが、朝晩は「コートがあってよかった」としみじみ安堵するくらいの冷え込みでした。

初日はまず赤平市の「交流センターみらい」にお邪魔しました。ちょうど高齢者向けの運動教室をやってるところで、自分も体験させていただきましたがこれが! かなりきつくて足がつりそうになりました(笑)楽しそうにスイスイこなしてらっしゃる参加者の皆さんにビックリです。

交流センターは大きくて立派な建物、しかもよく見ると。。。
14716238_1793292100935666_1383309751333757917_n.jpg

なんと、駅舎も兼ねているというユニークなもの。地域によってさまざまな取り組みがなされているんですね。
14680709_1793292124268997_8617815031290531275_n.jpg

赤平市では産官学連携の事業が行われていて、前述した運動教室もそのひとつ。企業の社会貢献についてなど、色々と啓発を受けました。


あくる日の今日は美唄市へ。オリンピックを睨んで、東京都でも受動喫煙防止により積極的になり始めましたが、多摩市としては何よりまず市民の健康を守る姿勢が大事です。美唄市は今年の夏に条例を施行したばかりでしたが、制定に向けた取り組みのお話は大変参考になりました。私たちも12月議会では一定の方向性を示さなければなりませんから、さっそく委員会で議論していきます。

帰り道、余力がありましたので車中で激写。電車を3回乗り換えて新千歳空港へ向かう途上の、健康福祉常任委員会の面々です。
ちなみに何故3回も乗り換えるのかと言えば、多摩市の決まりとして一定以上の距離移動でないと特急を使うことができないから。近ごろ立て続けに起きた“事件”のせいで、行政やら議会やらのルーズな体質に批判の目が集まる昨今ですが、少なくとも多摩市ではかなりシビアな経済管理をしているのです。

我らがリーダー・安斉きみ子委員長と大くま真一議員。同会派のお二人でさながら「親子の肖像」。
14702246_1793391864259023_4777046234640316318_n.jpg

副委員長の松田だいすけ議員。
14695363_1793391927592350_4356619080191071770_n.jpg

副議長にして委員長の補佐役・遠藤めい子議員(左)と、多摩市議会の《姫》こと本間としえ議員。
14702439_1793391887592354_671599618846882568_n.jpg

珍しくVサインなど噛ましてくれる遠藤ちひろ議員。奥に座っているのは議会事務局職員の小川さんで、今回引率役としてあれこれお世話になりました。
14729230_1793391900925686_7599604650177734027_n.jpg

来月は議会運営委員会の視察で、またまた北海道の地にまかり越す予定のわたくしです。どう考えても寒さは増しているはずですが、そちらも有意義な旅行となりますように。
14642128_1793391950925681_6700528250982538919_n.jpg

図書館というセーフティネット

唐木田菖蒲館で「公共施設の見直し方針と行動プログラム」更新案の市民説明会がありました。唐木田は3年前に地域図書館の廃止案が出されたとき、市民の反対運動で大きく揺れた地域のひとつです。そういう事情で市側も地域ごとにこうして丁寧な市民交流を心がけているわけですが、やはり出席者の舌鋒はなかなかに鋭いものでした。それでも、前に聖ヶ丘の説明会に出席したときと比べると、割合穏やかに終わったような気がします。

とは言え、市民としては地元で親しまれた図書館を突然「廃止」と言い渡されたことは、いまだ忘れがたい衝撃なのでしょう。何人もの方から再三にわたり「図書館のいっそうの充実を」「市民の声を聞いて」といった要望が出されました。多摩市の図書館利用率や貸し出し冊数は折り紙つきの高さですから、それも無理のないことと頷けます。

ただしその一方で、「財源不足から廃止案を出して、市民の反対でそれを撤回した後、それでは財源をどうするのか」「問題を先送りにしただけではないのか」「市側に確固たる運営方針はないのか」といった意見も多く聞かれました。市民とて市の厳しい現状を理解していないわけはなく、だからこそパルテノン改修費に80億と聞いて度肝を抜かれたのです。大切な施設を残して貰いたいからと言って、単純に「やめます」「やっぱやります」では済まないと、ほとんどの市民は判っているのです。

所管の職員も繰り返し「話し合い」「検討」と答えていました。一般質問でこの問題を取り上げた私としても、様子を見ていて思うところは多々ありましたが、それはまた次の質疑に活かすこととします。

ハマの街を歩いてきました

定例会終了後の10月5日、神奈川県議会と横浜市議会へ視察に行ってきました。
IMG_2491a.jpg

県議会へは健康福祉常任委員会として、本市に陳情も出ている受動喫煙防止条例の先進事例を学びに。県と市では住民や地元事業者との距離感が違うので、神奈川の取り組みをそのまま参考にはできないかもしれませんが、制定までの経緯と試行錯誤のあれこれは大いに勉強になりました。
IMG_2490a.jpg

ついでにちゃっかり議場も見せていただいた私たち。さすがの広さと重厚さは県議会の貫禄です。
IMG_2492a.jpg

目を引いたのは議員や執行部の表示バーで、地元アピールの箱根細工となっていました。数年前の震災被害後に作り変えたのだそうです。
IMG_2493a.jpg



せっかく横浜に来たので中華街でランチをしたためて、ほぼ来た道を戻る形で横浜市庁舎へ。
IMG_2505a.jpg

横浜市議会では、民間タイアップの広告事業についてお話を伺いました。多摩市でもネーミングライツなどに関して若干の動きはありますが、この分野はほとんど手つかずです(辛うじてサンリオとぽつぽつコラボしてるくらい)。横浜は、横浜の街そのもののブランド力が傑出していますから、こちらもそのまま真似はできませんが…使えるものはどんどん活かして財源を作り出す、その気構えと工夫を私たちも見習うべきだと思いました。
IMG_2497a.jpg

ちなみに神奈川県議会は改修工事中、横浜市議会は老朽化対策と施設統合のため建て替え予定だそうです。確かに、群を抜いてオシャレな街ヨコハマにしては、古いだけでなく全体に暗い雰囲気の庁舎がいささか意外でした。
IMG_2502a.jpg

そうは言っても、横浜の街はやはり歴史的文化的な厚みが全然違います。県庁近くの横浜開港記念会館なんて、美術館か何かというようなハイクオリティな建築物でしたもの。
IMG_2495a.jpg

羨ましいかな、ちょっとだけ(笑)
プロフィール

伊地智恭子

Author:伊地智恭子
《ご連絡・お問い合わせ先》
多摩市落合3-2-9-505

《カンパ入金先》
ゆうちょ銀行からお振込の場合
記号:10030 番号:20455091
名義:伊地智恭子とまちづくりの会(イヂチキョウコトマチヅクリノカイ)
ゆうちょ銀行以外からお振込の場合
店名:〇〇八(ゼロゼロハチ)店番:(008)
預金種目:普通
口座番号:2045509

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: